塔の上のプリンセス

とうのうえのぷりんせす【登録タグ: OrioO 鏡音リン

作詞:OrioO
作曲:OrioO
編曲:OrioO
唄:鏡音リン

曲紹介

  • OrioO氏の13作目。
  • ドラゴンに守られた塔に閉じこもったお姫様と、貧しい兄弟のお話。

歌詞

むかしむかし あるところに
目立ちたがりのお姫様が、
自らを塔に閉じ込め
勇者の迎えを待っていた。

とてもとても 貧しい兄弟の
兄が噂を 耳にした。
どんなどんな 弟が止めても
兄は 聞く耳待たず

優しい兄は 弟に
楽をさせようとしていた。
ドラゴンの守る 塔に
兄は向かって行く。

しかし 強い武器を持たない兄は、
ドラゴンに 食われて、
それを 眺めていた姫は、
失望の ため息をつく。

数日が過ぎて 弟は、
兄の噂を 耳にした。
誰が誰が なぐさめても、
弟の哀しみは 消えず。

とても 優しかった
兄の仇を 討つために、
ドラゴンの 守る塔に
弟は 向かった。

そして 強い武器を集めた弟は、
ドラゴンを討つ。
それを 眺めていた姫は、
喜びの 歓声あげる。

喜びに浸った
姫は弟に 抱きつく
笑顔の弟、
姫を窓から 突き落とした。

むかしむかし あるところの
目立ちたがりの お姫様と、
そして 哀れな弟の
弔いの お話でした。


コメント

  • これ涙出た。弟はなぜ姫を突き落としたんだ? -- 1とった (2012-06-09 20:54:28)
  • ↑兄の仇は、ドラゴンじゃなくて兄が旅立つ理由になた姫だからだよ。 -- 名無しさん (2012-06-16 19:14:03)
名前:
コメント: