感情ディストピア

かんじょうでぃすとぴあ【登録タグ: こがねむし 初音ミク

作詞:こがねむし
作曲:こがねむし
編曲:こがねむし
唄:初音ミク

曲紹介

  • こがねむし氏 の3作目。

歌詞

愛想笑い浮かばせて応答 抱えきれないくらい
不確かな意義と自問自答渦巻いた
証拠もない 手がかりは妄言 答えられない つらい
この存在の価値みたいなもの問いかけていました

そしたらどんどん痛みは増してもいくけれど
どうにかこうして相場保つのもなんだかねぇ?

触れたら壊れそうな近郊均衡保守するために
ロボットみたいな歩き方して前へ進みます

そうね
すべからくはきっとほら舗装された道の上で
誰かの後ろついてくっていうのが正解?
モザイク並みにピンボケた夢希望なんてイリュージョン
所詮画面越しに見た幻影なんでしょ?

そんなのわかってる

愛想のない日常の冒頭 堪えられないCry
不動主義つらぬく現実(リアル)っていう名の奴が
求めもしない 慰めも当然立ち止まらない 辛い
誰かがボソリつぶやいた 「そんなに甘くはないのです」

「それなら手放してしまえばいいでしょ」って言うけど
チンケで無駄なプライドさえ捨てられないんだ
痛みは今宵もまたジワジワやってくるのです
朝になればちょっとは和らいでくれるのかなぁ

ねえ鏡の向こうの奴をもうどれだけ罵倒してんの?
乱反射した言霊 突き刺さる脳内
冷えた心のカタパルト 現動力ゼロの今じゃあもう
動き出すすべなく時間だけが過ぎて
錆び付いてくだけ

どんなに邪険に見れど結局自分が好きでそんな自分が嫌い
曖昧に揺れた二つの翼 折れそうな現状

ほらね
涙で濡れたハンカチにどれだけ日をかざしても
乾かない成分 一体誰のせいだい?
探したはずのユートピア 大昔の憧れはただそう
淀んだ風に流されて消えていったただの記憶で

でもね

すべからくはいつもそう道なき道かき分けて
宝探しに明けくれていることが正解
夜が開ければさぁ きっと待ってくれているんでしょ?
期待はずれなんてもうやめて頂戴
明日は笑ってやる

コメント

  • 追加おつ! -- 名無しさん (2012-06-13 04:40:06)
  • もっと評価されてほしい! -- 名無しさん (2013-01-16 20:08:18)
  • 良い曲 -- 名無しさん (2015-06-28 09:14:07)
名前:
コメント: