空のさかな

そらのさかな【登録タグ: Masuda K. yukiwo 初音ミク

作詞:Masuda K.
作曲:yukiwo
編曲:Masuda K.
唄:初音ミク

曲紹介

  • 静かに空を見上げる心境をそのまま曲にしたような作品。
  • 空を見続ける様にききいる曲調。

歌詞

ピアプロより転載)

こうしてベランダに座って
見上げる空のなぞかけ
記憶の糸をたどって

隠された胸の傷 なぞって
遠い冬 雪の街の 思い出は
白い壁の かなたに置いてきた
今はもう暑い日々

八月の空の蒼さに
垣間見た永遠の時
記憶の糸をたぐって

消えない傷跡が うずくと
雪の中 歩いている 自分が見える
おぼれかけた 蒼い海の深さに
今はただ
おびえるだけの
自分しか見えない

 空に浮かぶさかな
 きみには見える?
 もしも愛してるなら
 うそでもいい

こうしてベランダに座って
見上げる空の暗号
記憶をひもといて

八月の空に浮かぶさかなのメタファー
いつか見たきみとの共同幻想
記憶のうらがわに
隠れたきみの姿
空を泳ぐさかなのよう


コメント

  • この曲大好きだ。 -- 名無しさん (2009-05-17 00:28:46)
名前:
コメント: