SEASONS

【登録タグ: S TaKa 巡音ルカ
作詞:TaKa
作曲:TaKa
編曲:TaKa
唄:巡音ルカ(初投稿版)、GUMI(GUMIVer.)

曲紹介

  • ボカロにチャレンジしてみよう!と思い立って、ルカ様に歌っていただきました。初投稿です。
    大切な人との別れをテーマにして書いてみました。調教など甘く聞き苦しい所もあるかもしれませんが、最後まで聴いていただければ幸いです(作者コメ転載)
  • イラストは734氏、ギターはyasushi氏が手がける。
  • 後日、GUMIの誕生祝いとして、バンドアレンジのGUMIVer.が投稿された。

歌詞

PIAPROより転載

流れる雲見上げたら 君を思い出しました
掴めない笑顔でまた 笑ってました

暖かくて 柔らかくて そんな君を見てた
「今でもまだ戻れますか?」
答は分かってるのに

淡い淡い春の事でした 君と初めて出会った季節
そっとそっと風が囁いた 甘い恋の始まり
蒼い蒼い夏の事でした 君と初めて笑った季節
ずっとずっと隣でいれると 疑わずにいました

落ちてく陽を見上げたら 君を思い出しました
だけどいつもの笑顔で 泣いていました

例えばまだ君がそこに 存在するとしたら
濡れた頬を拭えますか? 
答は分かってるのに

紅い紅い秋の事でした 君と初めて過ごした季節
そっとそっと落ちてく枯葉に二人の姿を見た
白い白い冬の事でした 君に初めて抱かれた季節
ずっとずっと降り積もる雪が永遠と思いました

一人ぼっち 君の側で見つめる綺麗な顔
目を開いて 私を見て
答は分かってるのに

巡り巡る季節の中には 君と出会った大切な場所
「いつかいつか桜が咲いたら」 約束覚えてますか?
ヒトは何処から来て何処へ行く? 答なんて分からないけれど
君がくれた想い抱きしめて 一人生きて行きます

コメント

名前:
コメント: