パラレルスウィーツワールド

ぱられるすうぃーつわーるど【登録タグ: ヒダリガワすらっしゅ 鏡音レン

作詞:マトリョーシカ
作曲:ヒダリガワすらっしゅ
編曲:ヒダリガワすらっしゅ
唄:鏡音レンAppend

曲紹介

  • ヒダリガワすらっしゅ氏 の33作目。
  • 何となくすみません。意味わからない事もいずれわかるはずです。皆も甘美な世界で覚めない幻想を!(作詞者コメ転載)
  • 歌詞・イラストは マトリョーシカ氏 が手掛ける。

歌詞

あれからどれぐらい寝たんだろ
眠りに落ちる前の記憶も曖昧
重い瞼(まぶた)を上げたら、そこは
ありえない世界が広がっていた

この世界はなんと全てが
甘いお菓子で出来ている
建物、車にお花や雲まで
僕の大好きなお菓子で出来てた

頬をつねる、痛くて涙目
甘すぎる香りに眩暈(めまい)までした
空っぽのお腹が文句を言う
止める人も邪魔する人もいない今なら

道端に咲いた花(キャンディー)
一口食べたら虜になる
絵本(オトギバナシ)で見たお菓子の家
それが今では僕の目の前にたくさん!

壁を剥がして、窓を舐めて
煙突むりやり引っこ抜く
家の中を覗くとそこには
人の形をしたクッキーが
驚いたり命ごいまでする
なあんだ、中にも沢山あるみたいだ

そろそろお腹も満たされるはず
それなのにまだ求めて貪る
理(ことわり)無くした世界で君は
既に自分の理性までも食していた

すぐに戻ってくるからね 食糧だ奪い取れ
わずかな時間だったのに
生き残りたいんだ 絶対に許さない
ごめんね許して もう信じたくないよ

その時、誰か知らない声が
僕の頭を掻き回した
一瞬なにか色々なこと
さあ、本当はどれなのか

ぼーっと歩いた道の先
カビの生えたクッキーの群れ
その隙間から見えるは巨大なケーキ
食えない奴はただの屑だ!そこをどけ!

そら蹴飛ばして、砕け散れ
はむかう奴は真っ二つ
中々縮まらない君との距離
僕は短い手を伸ばした
もっとたくさん食べたいんだ
さあさあ、遠慮なく
いただきますとそのまま

気付いた、目が覚めた
口に広がる不気味な味
色が落ちた世界に
赤くてそれは気持ち悪い

もう戻れない僕は
気が狂ったように笑う
でも心の中の僕は
静かに涙零した

銃口を口に加えた僕
引き金を静かに引いたのは

コメント

  • 追加おつ! -- 名無しさん (2012-07-25 23:02:28)
  • おお早いな しかしこの歌詞どういう意味なんだろう・・・ -- 名無しさん (2012-07-26 02:21:05)
  • 可愛い曲だな〜と思ってたら、衝撃のラスト(゜Д゜;) -- 名無しさん (2012-07-26 10:53:28)
  • かわいいのに最後が…。でも大好きだっ!!! -- ゆう (2012-07-27 00:07:39)
  • 死ぬほどびっくりした。 -- 名無しさん (2014-07-26 13:47:20)
  • ええええーーーーーーーーーー!Σ( ̄□ ̄;) -- yui (2014-12-12 18:29:12)
  • レン君さようなら・・・悲しい結末でしたね。 -- りっか@星空 (2014-12-31 14:10:04)
名前:
コメント: