7月7日の金木犀

7がつ7かのきんもくせい【登録タグ: IA note その他の文字

作詞:note
作曲:note
編曲:note
唄:IA

曲紹介

  • 個人作18曲目。
  • イラスト・動画 setu氏。

歌詞

積み重なった季節は巡りくる
また一瞬 この早さに
驚いていた 夏を素肌で
ほのかに感じていた

群がった色 緑は埋もれ
文字通り 音 囁く
失った様な麻酔は解かれ
また何処か結かれる 色

「叶う筈は無い」
きっと貴方はサンタ否定派
そうか案外 人目につくと考えると
考えると

「良いだろ 別になんでも」
くだらないと思って疑わないのは
どんなに思い馳せても
そこに気付いたら 悲しいだけと

知ってた 気付いていた
なのに笹の音に手を引かれて
願い
小さな字で少しだけ期待してたんだ
馬鹿だなあ

積み重なった 季節は巡りくる
また一瞬 この早さに
驚いていた 夏を素肌で
ほのかに感じていた

群がった色 緑は埋もれ
文字通り 音 囁く
失った様な麻酔は解かれ
また何処か結かれる 色

当人の気は知れないけれど
可笑しな願いの多々
迷いなど無い文字は眩しく
大きくて ああ

「叶う筈は無い」
きっと僕もサンタ否定派
だけど

今夜この両手で
集う一色の中に紛れ込めば
不可能だと認めて
僕の限界をそこに見るから

でも

良いだろ 別になんでも
くだらないと思って疑わないのは
今より明日明後日の
日常を保っていたいから

だから

「良いんだよ 別になんでも」
くだらないと思って疑わないのは
どんなに思い馳せても
そこに気付いたら 悲しいだけと

知ってた 気付いていた
咲かぬ金木犀の夢をかいで
願い
小さな字で少しだけ期待してたんだ
馬鹿だなあ

コメント

  • 追加おつ! -- 名無しさん (2012-08-10 20:06:29)
名前:
コメント: