レッド・シグナル101


作詞:山本ニュー
作曲:クヌースP
編曲:クヌースP
唄:GUMI

曲紹介

  • 暗闇のスキャナー」に続く、クヌースP×山本ニューの第4弾。
  • クヌースP史上最速のBPMで贈る、歪んだ失恋ソング。
  • イラストをうー氏、メカニックをmeymey氏、動画を闇李氏が担当している。
  • KARENTレーベルよりダウンロード販売が行われている。

音楽配信


前作 今作 次作
26時のラヴィラビ レッド・シグナル101 Bottle Music

流通:配信
発売:2012年8月2日
価格:¥150
レーベル:KARENT
ジャケットイラスト:うー

iTunes Storeで購入

曲目

  1. レッド・シグナル101(feat. メグッポイド)

歌詞

シグナルが 赤になる前から
つま先が 死んでいくのわかる
レンガ色に 染まったかかとは
そんなことも 知らずに眠るよ

グロテスクに 歪んだ視界に
とびこんだ キミの髪が揺れる
からまった指が まぶしすぎて
悲しそうに どこか遠く見た

言わなくちゃと 低くつぶやき
時計の音だけ 気にしてた
キャスケット 軽く傾けて
泣きそうな 自分に気がつく

裏がえった 空から突然降りだす
悩ましげな 雨がぎらぎら夏の音
やんでくれたなら またここで会えるかな
ぐるり取り囲む どこにも見えない声が

虹が出たら キミに伝えよう
バカみたいに 泣くのもやめよう
かかとはまだ 凍りついたまま
噂好きな 夢にまどろんで

ケミカルに 色あせた視界に
とびこんだ キミの汗が香る
からまった指は 力尽きて
可笑しそうに 息をつまらせた

もういいやと 息吐きだして
祈るように空 気にしてた
ナイフ入れた ポケット押さえ
がらんどうな 自分に気がついた

雷鳴が響く どこか遠くで聞こえてる
乾ききった のどがなにか欲しがってる
犬みたいに くたばってしまえばいい
たしかさっきは 自分はここにいたはず

焼けただれた 空から突然降りだす
回りはじめる 雨がぎらぎら夏の音
もう一度だけ またここで会えるかな
遠ざかってく どこにも見えない声が


コメント

名前:
コメント: