夜、雑踏

よる、ざっとう【登録タグ: ふみP 初音ミク

作詞:ふみP
作曲:ふみP
編曲:ふみP
唄:初音ミク

曲紹介

  • ミクの低い声が静かに重く響きわたるVOCAROCK。

歌詞

あてもなく 日々を差す
時計の針を壊しても まだ胸に焼きつく残像
吹きすさぶ風は 絡まり落ちて行く
途切れに 静寂を残して佇む

頭の中に 揺らいでる喧騒
心に響かぬ言葉は 聞きたくない

(嗚呼)
僕が残した足跡は 暗い夜道に消えて行く
(嗚呼)
掻き鳴らした儚いもの 足掻いても失くして
孤独に浸かる

止め処ない夢の中 錆びた鎖を外しても
砕け散った破片をが刺さるよ

頭の中を汚してる幻想
行き場のない現実だけ
もがいてる

(嗚呼)
僕が刻んだ尊厳は 冷たい舗道で泣いている
(嗚呼)
隙間無く陰る景色 目隠しの綱渡りをしている

全てひび割れて
遠くへ 僅かに 光る 軌跡

(嗚呼)
僕が残した足跡は 暗い夜道に消えて行く
(嗚呼)
掻き鳴らした儚いもの 足掻いても失くして
孤独に浸る

コメント

  • こんばんは さようなら おはよう にーはお -- おおし○ (2009-11-04 11:23:43)
名前:
コメント: