君と僕と約束と雨

きみとぼくとやくそくとあめ【登録タグ: ヤナガミユキ 初音ミク 真理歪

作詞:ヤナガミユキ
作曲:ヤナガミユキ
編曲:ヤナガミユキ
唄:初音ミク

曲紹介

  • ヤナガミユキ氏 の5作目。
  • 夏ですね!(作者コメ転載)
  • イラストを 真理歪氏 が、エンコードを Takumiboo氏 が手掛ける。

歌詞

深い深い悲しみと
長い六月の雨が
落とした花火の様に
ぱっと弾けますように
昔から捜していた
不確かなこの思いを
二つに分けたパンと
二つに増えた希望に乗せて

爽やかな朝を迎える様に
自転車で世界を翔る様に
夢で見た明かりのその向こうで
僕ら、ようやく巡り会った
鮮やかな傘で彩る様に
未来から現在を見下ろす様に
見つけたものは
悲しみを愛していた僕ら

錆び付いた青い階段
見当たらない観覧車
掻き分けた草木の音
白紙の古びたキャンバス
辿り着いたその先が
遠い記憶に触った
とびきりのその笑顔が
限り無く懐かしくて
言葉を捜した

音も無く夜が明けていく様に
泥に咲く綺麗な華の様に
何一つ怖いものは無いさ
僕ら、少しずつ強くなるさ
空を飛ぶ汽車に乗り込む様に
一つだけ強く約束をした
「世界が、たとえこのままでも、生きていくよ。」

絵本の世界に迷い込んだ
荷物を下ろした僕たちは
自由な世界も孤独な夜も
願った景色を見ていたんだ
いつだって

爽やかな朝を迎える様に
自転車で世界を翔る様に
夢で見た明かりのその向こうで
僕ら、ようやく巡り会った
穏やかな声で目覚める様に
ここで悲しみは崩れ出した
見覚えのある
差し出されていたその手を
迷わずに握った

そうして僕は君に会ったんだ

コメント

名前:
コメント: