優刻の街


作詞:toya
作曲:オレジナルP
編曲:オレジナルP
唄:初音ミクAppend dark

曲紹介

「だからもう泣かないで」
  • 作詞にtoya氏、イラストに雪駄氏を迎えている。また、ゲストミュージシャンとして、Vader氏と愛してPこと紅羽氏がギター演奏で参加している。
  • 九州コンピレーションアルバム『Qusic2』収録曲。
  • KARENTレーベルよりダウンロード販売が行われている。初音ミク5周年記念企画で配信された作品の1つ。

音楽配信


前作 本作 次作
ordinary day's music
Lunalight Serenade
優刻の街 透明少女
薔薇とリボルバー

発売:2012年8月31日
価格:¥150
流通:配信
レーベル:KARENT
ジャケットイラスト:雪駄

iTunes Storeで購入する

曲目

  1. 優刻の街

歌詞

夕始める街で雲に置いていかれて
思い出したようにまた独りぼっち

流れ落ちる風は僕の髪を揺らして
幸福(こたえ)を知る人と交差点ですれ違う

点滅しては木漏れ灯の痕
帰り路を探す空が背伸びするビルの影を連れて往く

止まった陽の窓詰めが転がる琥珀の街
このまま何処かへと、忘れてしまわれそうになって
そっと眠り行く世界の片隅で泣いてしまう

“触れるのは怖いこと”だと街明かりは言う
やがて来る夜の破片が降り注ぎ、怯える

たった独りじゃ何も出来ない
こんな弱い僕なのに
綺麗過ぎる夕空(そら)は全てを許していく

いつかの陽の幻が溺れる焼け雲の海
寂しさは遠く浅い夜へ落ちて月に変わる

おぼろげでやさしかった世界の終点は
きっとまたこの場所に帰ってくる
「だからもう泣かないで」

手を引かれ帰る、あの日見た夕陽は
今もそこで微笑んでいる


コメント

  • 好き -- 名無しさん (2012-09-19 01:08:49)
  • いい曲だけどあまり知られていないのが残念 -- ピッカッチュウ (2016-10-06 20:46:53)
名前:
コメント: