眠れない夜とアンダンテ

ねむれないよるとあんだんて【登録タグ: いのっぴ 初音ミク 真理恵

作詞:いのっぴ
作曲:いのっぴ
編曲:いのっぴ
唄:初音ミク

曲紹介

  • いのっぴ氏 の9作目。
  • 眠れない夜に考えた言葉は次の日にはいつも忘れてしまうけど、いつか思い出して何かの糧になればいいなっていつも思ってます。(作者コメ転載)
  • PVを 真理恵氏 が、マスタリングを 7c氏 が手掛ける。

歌詞

眠れない夜が多すぎて 考え事も日々何十
忘れたい事もあったけど いつも通りにまた朝が来るのだろう

だからちゃんと言っておいたでしょ 頭スッキリさせておきな
僕に万全の体で 会って欲しいって願ってる
いつか君が馬鹿にした 服も今じゃ似合ってる

なんてこともないけれど 涙流してしまうよ

ベッドの上で退屈そうに 手足伸ばし欠伸(あくび)しながら
窓から見えるこの景色を 歩きたいと思ってみてた

太陽は白く光り 僕らを照らしてた
遠い未来と僅かな希望を見せてくれたのかな
走れなくてもいいから 歩くようなスピードで
君と手を繋ぎながら 歩幅を合わせてどこかに行きたいな

時は過ぎて夜の闇 暗い気持ちが前に浮上
瞼閉じても攻められ なんか死にたくなる

オモイデノヒ ヤクソクシタ
モウモドレナイ ムカシノコト
テガフレアッタ ソンナキガシタ
ゲンソウミタイダ フラッシュバック

言葉ではなんとでも言えるから それを現実にしてやりたくて
がむしゃらに歩を進めているのならば 叶わないものはない

太陽は白く光り 僕らを照らしてた
諦めないと心に誓った気持ちは揺るがない
眠れない夜に考えた言葉は全部無駄じゃない
いつまでも立ち上がれるまで 頭の奥底に刻み込んでく

朝が来るよ

コメント

  • 追加乙!! -- 名無しさん (2012-09-17 20:48:42)
名前:
コメント: