カコノミライとキカイの歌

かこのみらいときかいのうた【登録タグ: IA KAITO mayuko

作詞:mayuko
作曲:mayuko
編曲:mayuko
唄:IA・KAITO

曲紹介

未来は
過去は

  • 可愛らしくて少し切ない、絵本のような曲。

歌詞

KAITO歌唱部分
IA歌唱部分


目覚めたらそう 僕はキカイに囲まれていて
”チクタク”が全てのセカイにさ
迷い込んだみたいだねと 他人事のように呟いた

覗いたのはとても小さなふたつのめだま
”チクタク”と軽い音を立てて
とても小さなてのひらを僕にそっと伸ばしたんだ

トゥリ パ ルオズィ クィユ フィノアユプ スィ ライツィ ナ
「わからないよ。sorry.君は誰?」
トゥリ パ フ ドゥレ ラスィトゥイ プラエテュレ ディ スィツィ バ
「わからないよ。sorry...sorry......」

”チクタク”と軋む音を立てて
例えるならば”小首”を傾げた小さなキカイは背中を向けた
さび付いた車輪を重そうに引きずって
ゆがんだ扉を開いて何かを取り出して振り向いた
それは一冊の古ぼけた絵本で
懐かしい物語のお姫様が色あせた笑顔で僕を見ていた

ページをめくる小さな手が笑う少女を指差して
覗き込んだ僕を見て同じ手で僕を指差した
首を振った僕の手が笑う少年を指せば
”チクタク”と音を立てておそらくキカイも微笑んだ


最初からそう 僕はキカイに囲まれていて
”チクタク”が全てのセカイをさ
疑問に思うこともなくて 当たり前に幸せだったよ

見つけたのはとても大きなひとつのナニカ
”トクトク”と軽い音を立てて
とても大きなてのひらで僕にそっと触れたんだ

「ねえ、あなたのおなまえをおしえてよ」
フ アロイ フェイネ トゥイネスィ オ デュルブ レィエ ニ
「ねぇ、そのきれいなことばをしりたいの」
フ アロイ フェイネ トゥイネスィ トゥイネスィ

”トクトク”と柔い音を立てて
例えるならば”小首”を傾げた大きなナニカは言葉をやめた
さび付いた部品(パーツ)の悲鳴から逃げるように
ナニカによく似た形の並んだ型録(カタログ)を差し出した
ずっと昔に描かれた姿は
いつの日か辿り着く未来の予想図だと誰もが信じていたのに

ページをめくる大きな手が不思議な形をたどって
覗き込んだ僕を見て優しげな声でささやいた
なぞるように歌いだす僕の声が重なれば
”トクトク”と音を立てておそらくナニカも微笑んだ


そうして時が経ち
少しだけ手に入れた事実によると
このセカイに僕みたいな”ナマモノ”はいないらしい

産まれ落ちたその時に彼らの時間は止まり産まれ落ちたその時に僕らの時間は止まり
育つことの無い体をキカイに押し込んで育つことの無い体をキカイに押し込んで
とても短いイノチを”チクタク”ととても短いイノチを”チクタク”と
その小さなカラダに刻むんだこの小さなカラダに刻むんだ


僕たちの軋む歌声が同じ音に重なるたび
ココロに映ったセカイは形をかえた
歯車の隙間をひとつずつ埋めるように
悲しい未来と寂しい過去を紡いでは組み立てた
それは儚く切なげな響きで
いつの日か近づけるようにと願いを込めて君を呼ぶよ
”カコノミライ”と

僕が望んだ未来がおそらくは君の姿で
ちぐはぐに掛け違えた行き先を笑い飛ばすんだ
色あせた物語に違うおしまいがきても
しわくちゃとさびだらけの手をつないでただ歌うんだ

君の過去も僕の未来もキカイに飲み込まれたけど
先に止まる僕はせめて
君の言葉もシアワセも守ってみせるよ


(ずっと ふたりで うたえたら
 そんな ゆめは かくしておくよ)

(動画内歌詞より転載。斜体部分は表示されない歌唱(作者ブログより転載)です。また、最後のカッコ書きの中も歌唱のみで歌詞表記はされていません。)

コメント

  • 追加おつ! -- 名無しさん (2012-09-28 19:57:28)
  • IAの声が可愛すぎる! -- 名無しさん (2012-09-28 20:42:38)
  • 追加乙!!! -- 名無しさん (2012-09-29 11:22:37)
  • 仕事はえええええええええええええええ 乙 これは伸びてほしい(>_<) -- 名無しさん (2012-09-29 14:15:01)
  • 追加乙! 白mayuko過ぎて涙が止まらん -- 名無しさん (2012-09-29 14:32:28)
  • 歌詞の色分けなどを行いました。
    ページ製作者の方に苦言ですが、最低限のページ体裁だけ整えて放置するのはやめてください。後でご自分で歌詞追加するつもりがあるのであれば、その旨をかいておいてください。
    歌詞追加された際に(かなりキツい言い方ではありましたが)そういった内容の苦情コメントを削除したようですが、はっきり言わないと作成者が同じことを繰り返すので改めて明記しておきます。 -- 名無しさん (2012-09-29 16:15:36)
  • あと、最初にページ内容が一度全消去(おそらくこれもページ内容が不完全だったためです)された時に一緒に消されたコメントを復元しておきます。 -- 名無しさん (2012-09-29 16:58:56)
  • あれ?改行とか変わってる?最初のが見やすかったのに。 -- 名無しさん (2012-09-29 17:44:48)
  • ↑そう? 履歴確認したけどあんまり変わってないよ? 誤字も直ってるし別に今のでいいじゃん -- 名無しさん (2012-09-29 18:41:03)
  • せっかく追加したのを全部変えるのはどうかと思う。最初に追加した人かわいそうだよ -- 名無しさん (2012-09-29 19:20:48)
  • 色分け編集した者です。タグ入れてる時に改行が変わったところがあったようなので元に戻しました。あと、改行とタグ入れで編集前と内容全入れ替えのように見えますが内容はほとんど変えてませんよー。
    ただ、セリフ部分は独立した部分だと思うので後ろの部分との間に改行入れさせていただきたいと思います。最初の編集者さんの実績は尊重させていただきたいのですが、一応自由に編集できるのがWikiなので…。私の編集もまた絶対的なものではないので、納得いかなければ再編集してください。 -- 名無しさん (2012-09-29 21:45:30)
  • ちょー好き♪ -- 黒猫 (2012-09-30 08:15:48)
  • すんごい好き! -- 名無しさん (2012-09-30 16:51:53)
  • 追加乙です!わぁぁぁ素敵ww大好きやー -- sae (2012-09-30 23:27:04)
  • 泣ける -- 名無しさん (2012-10-04 16:04:43)
  • IAとKAITOの組み合わせ良いな -- りょーん (2012-10-06 00:59:48)
  • 逆再生ではないよなぁ。カイトの歌詞の終わりが子音のsで終わる部分がないのに、次のところでは明らかにsで始まってるもの。 -- 名無しさん (2012-10-15 07:57:17)
  • ブログにきてたね 架空言語の発音 -- 名無しさん (2012-10-16 00:34:02)
  • 暫定歌詞をmayuko氏のブログにあった架空言語発音歌詞と入れ替えました。 -- 名無しさん (2012-10-16 02:49:25)
  • ハモりの後の「僕たちの軋む歌が同じ音に重なるたび」は「僕たちの軋む’’歌声’’が同じ音に重なるたび」が正しいです -- 名無しさん (2012-10-20 19:23:32)
  • ↑修正しました。 -- 名無しさん (2012-10-20 20:51:25)
  • 初めてKAITOとIAの二人での曲を聴いた…イイですね、この曲(^-^*) 外来語みたいな喋る部分がなんか気に入ってます← -- 李人 (2012-11-07 23:01:04)
  • 温かくてかわいい歌だなぁ。切ないのに不思議な感じ -- 名無しさん (2012-11-10 21:06:37)
  • そっと評価されてほしい -- 名無しさん (2013-03-08 11:09:38)
  • 本当に絵本みたいな曲。二人の掛け合いが綺麗なのに切ない感じもして、聞き入ってしまう/// -- lem (2013-03-26 17:17:23)
  • IAとKAITOって合うんだなーと思った曲。Mayukoさんだったとは -- 名無しさん (2013-07-08 21:00:18)
  • やっとIAで好きになれる曲に出会えた..KAITOと合うなんて..たまげたなあ -- 名無しさん (2013-08-22 20:12:09)
  • IAとKAITOがここまであうのはこの神曲しかないと私は確信 -- 矢箱 (2013-10-07 19:41:09)
  • この歌好き! -- 名無しさん (2014-02-09 10:34:01)
  • ボカロでこんなに良いハモリを聴いたのは初めて。 -- 名無しさん (2014-03-10 16:27:09)
  • 架空言語の響きが好き -- 名無しさん (2015-02-05 23:06:54)
  • いい歌ですよねぇ。 -- 名無しさん (2015-08-08 17:52:12)
  • もっと評価されるべき!イアカイは絶対に流行ってほしい -- 名無しさん (2015-12-12 00:36:26)
  • この曲でIA好きになった♪KAITOとIAの声の相性が一番いいと思う -- 名無しさん (2016-01-29 23:22:56)
名前:
コメント: