月下の廻廊

げっかのかいろう【登録タグ: CD CDけ MEIKO NexTone管理曲 みじぴんP みじぴんPCD 全国配信

作詞:みじぴんP
作曲:みじぴんP
編曲:みじぴんP
唄:MEIKO

曲紹介

月明かりの下、惑星の上で、魂は廻り続ける。
  • MEIKO生誕祭2012で発表された作品の1つ。
  • みじぴんP初の民族調曲。
  • 「輪廻転生」と「命」「魂」をテーマに制作された楽曲。
  • イラスト・動画はしーな氏が手掛けている。
  • KARENTレーベルよりダウンロード販売が行われている。MEIKO8周年記念企画で配信された作品の1つ。

音楽配信


前作 今作 次作
Winter notes 月下の廻廊 SILVER RAIN

流通:配信
発売:2012年11月5日
価格:¥150
レーベル:KARENT
ジャケットイラスト:しーな

iTunes Storeで購入

曲目

  1. 月下の廻廊 (feat. MEIKO)

歌詞

遥かな夜の彼方に
草原を渡る風の音を聴く
揺らいだ花の囁きは
月明かりに祈る歌を詠ずる

想いは風霜(ふうそう)を越えて
誰かに眠りし君と語らう
静かに輝く惑星(ほし)は
息吹を包み替わる続ける

やがて巡る季節が
また君を生み出すならば
再び出逢うその日を
ただ願いながら
言の葉を紡ぐよ
独り

廻れ廻れ光よ
記憶を宿しながら
君の証を乗せて
幾度も夜を超えて
宙(そら)を渡る旋律の中

溟海照らし出す月は
遠く金色(こんじき)の道を映して
潮風髪を揺らせば
君の温もりに触れた気がした

やがて巡る季節が
この身を還すならば
時を超えた世界で
巡り逢う君に
もう一度歌うよ
いつか

廻れ廻れ命よ
記憶を重ねながら
君の証を乗せて
幾度も生まれ変われ
宙を渡る旋律の中

人は月明かりの下
人を想い
月は惑星の営みを
照らす

廻れ廻れ光よ
記憶を宿しながら
君の証を乗せて
幾度も夜を超えて

廻れ廻れ命よ
記憶を重ねながら
君の証を乗せて
幾度も生まれ変われ

宙を渡る旋律の中


コメント

  • 綺麗でかっこいい!! みじぴんさん、ほんとに初めて民族調の曲を作ったの? -- 名無しさん (2012-11-10 10:52:55)
名前:
コメント: