ノスタルジア > フェイP

のすたるじあ【登録タグ: GUMI NexTone管理曲 フェイP

作詞:Gigio
作曲:フェイP
編曲:フェイP
唄:GUMI

曲紹介

「僕は醜い側の世界で」
  • 歌詞を Gigio氏 が、イラストを 飴村氏 が、動画を きゆなつひ氏 が手掛ける。ベースを やうり氏 が演奏。
  • CD 『ノスタルジア』 収録曲にして表題曲。

歌詞

いたずらな指 微睡み塗れ 探り当てたよ
僕らのかけら ちぐはぐにでも 語り出すから

川原の先で 何かが騒ぎ また囁いて
木の間の道を 踏み入る僕に 差し伸べた

ひとり 飛び出しても
きみは 呼びかけたね
いつも 三歩先で
振り返る

ふたりで追いかけたね水平線
踏み割る水面にじゃれあって
風が凪ぐまでは 星に会うまでは
瞬くことすらも忘れてた

ふたりで見つけたあの光景を
確かにこの目は吸い込んだんだ
思い出すまでは 何処にあったのかな
気だるさの中 ひとり目を覚ました

ふと考えた 僕は何処から 何処へ流れて
この血潮には あの煌きを 見たはずで

瞳 閉じた先の
きみが 別れの際
くれた メノウの青
探しても

ふたりで触りあった輪郭線
今では少し長くなって
遠い場所までは 遠い過去までは
爪先立ちの僕涙目さ

ふたりで見れなくなる光景に
スズランの花がほほえんだ
空の色までも きみの顔までも
忘れる時が来るとは思わずに

遥か昔の光に
此処にはない空に
戻りたくなるよ きみと過ごした日々
この列車 飛び乗れば きっと

強がりが打ち付けた空窓に
思い描き上げたらユートピア
あやふやな虹が まぎれこんだ夢が
記憶の核心で目を逸らす

追いかけ続ける境界線
僕は醜い側の世界で
あの水平線を その輪郭線を
ふたたび撫でることすら僕はもう
ふたたび戻ることなど僕はもう
ふたりの失われた空を 仰いで

コメント

  • 早い! -- 名無しさん (2012-11-30 21:06:47)
  • 今回もとても素敵な曲でした!!! -- 名無しさん (2012-12-01 17:22:18)
  • さすが仕事が早い!素敵な曲でした!CDもほしいな・・・笑 -- 名無しさん (2012-12-02 16:39:53)
名前:
コメント: