Augmented Reality

【登録タグ: A merci 鏡音リン 鏡音レン

作詞:merci
作曲:merci
編曲:merci
唄:鏡音リン・鏡音レン

曲紹介

  • merci氏 の11作目。
  • 人生は迷路だ。ちょっとした切っ掛けですぐに道に迷う。迷わないようにマーキングして、絵でも描こう。(作者コメ転載)
  • イラストを ANUBISinpw氏 が、動画を HIGAIN氏 が手掛ける。

歌詞

冷たい僕の指が 君の眼差しに触れる
サラウンドする ノイズの中 君の声がする
繋がって、交わる、リアリティ

淡い色の風が僕を撫でて
群青色の夜が明けていく

私のゴースト(影)が 耳元で
強く囁く 「声を聞け」と・・・今。

君のシステム(記憶)の中に 飛び込んで(ダイブして)見つけてみたい
本当の君と本当の過去 君が忘れてる、私の本当の姿を。

君の声が届きそうになると
僕のシステム(記憶)は その扉を閉じる

この壊れて落ちて(死んで)しまった記憶(システム)を再起動(リスタート)して
この声を君に届けたい 同じ夢(現実)見るために

ノイズで混濁した 君の脳(頭)の中で
傷ついた記憶を全部 光に曝(さら)すの

閉じた頭(脳)から溢れてくる 懐かしい記憶
君はもう、忘れちゃったの?
現実(夢)と夢(現実)を重ねて繋げれば
新しい現実(今)が見えてくる

もう一度あんなふうに 君と同じ景色見てみたら
世界は何色に見えるんだろう?
Tell me why we can't see the world

冷たい僕の指が 君の眼差しに触れる
サラウンドする ノイズの中 君の声がする

コメント

名前:
コメント: