月光探検記

げっこうたんけんき【登録タグ: JASRAC管理曲 はりー 初音ミク

作詞:はりー
作曲:はりー
編曲:快晴P
唄:初音ミク

曲紹介

  • はりー氏 の17作目。
  • 手の届かないものを目指した少年の唄。僕らにもそんな時があったはず。(作者コメ転載)
  • PVを さちこ氏 が、編曲を 快晴P が、エンジニアリングを よぴー氏 が手掛ける。
  • ギターを Naoki Harashima氏 が、ベースを Koji Kunitomo氏 が、ピアノを フルーツ(笑)P が、ドラムを ふぃるむ氏 が演奏。
  • CD 『waltznova ep.』 収録曲。

歌詞

はかない少年は ふっとした瞬間に
予期せぬことを思いつく
水面(みなも)に映る きれいな満月に
時の少年は恋をする

「僕にも・・さわれるのかな・・・」

はかない少年は ふっと我に返った
そうだ僕は泳げない
前向きに考えよう 少年は思いついた
そうだボートを作ろう

指差す先の満月

何度も笑われて くじけた心を  
括りつけた 小さな筏(いかだ)

時を止めれば どこまで行けるかな
夜明けになる前に 黄色い満月に
たどり着きたい 立派な帆をなびかせて
小さな筏(いかだ)は 全速力で満月に

風を吸い込んだセイル 予期せぬ焦燥感
満月は未だほど遠い
迷いのない少年が 凝らした目の対角線
満月は砕け始めてる

「もっと早く行かなきゃ」

時の早さにも 負けないで 
ちから一杯 漕いだオール

風に乗れたら もっと早く行けるだろう
夜明けを重ねても 涙をこらえ舵(かじ)をとる
「たなびけ!僕の舟!」 大きな声で叫ぶけど
少年の筏(いかだ)は 無風の地で帆を止めた

擦り切れる両手 握れないオール
傷ついた体 倒れ込んだ 

時はあまりにも 早く進んだようだ
はかない少年の周りを 照らすリング
月は欠けきって 大きな三日月になる
輝く水面(みなも)に たなびいて止まないセイル

時を止めれば 月は欠けなかったろう
時を止めれば 風は吹かなかったろう

コメント

  • 追加おつ! -- 名無しさん (2012-12-17 08:08:04)
  • ついかおつ 新曲きたか…! -- りょーん (2012-12-17 18:35:33)
  • さわやかでいいよねwwwwwww -- ブラック (2013-01-05 03:07:27)
  • 良い曲しかないとかふざけんな。最高じゃないか。はりー万歳 -- あばばばば (2013-01-12 23:31:42)
  • リズムが凄く好き‼歌詞も良いよね -- 久木 (2013-04-21 09:31:48)
  • 初音の番組から!/いい曲だと思います! -- 名無しさん (2013-12-29 15:42:43)
名前:
コメント: