log > mato

【登録タグ: L mato 初音ミク

作詞:mato
作曲:mato
編曲:mato
唄:初音ミクAppend(Dark)

曲紹介

不器用な二人の恋愛物語
  • mato氏 の5作目。
  • イラストを ひなお氏 が、動画とエンコードを 鹿乃氏 が手掛ける。

歌詞

まるで世界の終わりかのように
君は寂しげに俯(うつむ)いてた

鳥の鳴き声 夕方のチャイム
別れの時間は決まって早い
見慣れた不機嫌そうな顔の君
誤魔化す僕も楽じゃないんだよ

帰り際君が掴む 僕の袖

公園ベンチ 滑り台の上
君と遊んだ昔の記憶
離れたことのない二つの影
どんな場所にでもそこにあった

心の隙間埋めてた 誰かの種

空の星を見上げちゃえば
僕たちの永遠なんてそう、ちっぽけなもんだ
「もう少しだけ一緒に居たい。」
君は俯(うつむ)いて そう言った

静かな景色 街灯の明かり
頬を赤らめた君を照らす
無言の二人 君の息遣い
静かに僕は溺れていった

もういいかい
君は僕の返事を待ってるんだ
もういいよ
「待たせてごめん」 僕は言わなくちゃ
ちゃんと伝えよう

空の星を見上げちゃえば
僕たちの永遠なんてそう、ちっぽけなもんで
「もう少しだけ一緒に居よう。」
って僕は君の手を取った

コメント

名前:
コメント: