こうもり傘

こうもりがさ【登録タグ: まーる 初音ミク

作詞:まーる
作曲:まーる
編曲:まーる
唄:初音ミク

曲紹介

  • まーる氏 の4作目。前作からは約3年ぶりとなる。
  • 傘って気がつくと折れてたりしますよね (´・ω・`) 折れた傘を見ているとなんだか切ないメロディーが浮かんできました (´・ω・`) (作者コメ転載)
  • PVは 竹久氏 が手掛ける。

歌詞

買ってすぐに折れた小さなこうもり傘は
それでも僕らを雨から守る
どんなに寄り添って歩幅を合わせてみても
気づけば僕の方がほら濡れてる

また少しだけ駅につづく道を
遠回りして丘で景色を見よう

君が好きだった木のかげに咲く花を見つけた
こうもり傘は雨の歌声に包まれて揺れる花を真似る

ちょうど駅に着くと同時に強さを増した
雨音に驚いて君は笑った

改札を出て立ち止まった君は
「またいつか会おうね」と涙ぐんで呟いた

土砂降りの駅響くべるが別れの時を告げる
手を振る僕を置いてゆっくりと進んでく
ゆっくりと離れてく

笑いあった日々も傷つけ合った思い出も
今日という雨の日もずっと大事な宝物だよ

大きくなった傘の下でうつむいて泣いてた
綺麗な雨のメロディーがただ悲しすぎて

君が好きだったあの場所に咲く花も泣いてた
こうもり傘は雨の歌声に包まれて揺れる花を真似る

まだ...君が好きだよ

コメント

  • もっと広まって欲しい。この曲で初めて感動した。 -- shu (2013-07-07 16:09:36)
名前:
コメント: