受胎告知

じゅたいこくち【登録タグ: 初音ミク 牢獄P

作詞:牢獄P
作曲:牢獄P
編曲:牢獄P
唄:初音ミク

曲紹介

  • アウトに見えるのは医療実習用の模型らしい。

歌詞


つかのまの月蝕は知らぬ間に流れ去って往ってしまい
それすらも見抜けないまま分岐点はとうに過ぎた
でもね何となく解っていたんだお互いの選択が互いを苛むと
それならば何事も無かったと云い聞かす 破滅は迫る

色んな事眺め続けて少しづつすり替えていく想像は
救済には程遠いけれど感情は消えていく
それは子猫を捕らえて切り刻む少年の瞳が君にそっくりで
札束と変態の唾液に塗れた僕の娘

本当は解ってた 見えたのは自分の歪んだ願望だと
厄年の僕は二人の娘を凌辱していた
まだ見ぬ未来は永遠に語られることの無い架空の物語
わからない正解も過ちも ただ 笑顔は失くした

コメント

  • 酒鬼薔薇セウト吹いた。ミクの調教が巧すぎる。メロディーは好きなんだがなぁwww -- 名無しさん (2009-07-06 18:03:59)
  • 牢獄Pの曲の中でこれだけは今でも心が受け付けない
    パワーがありすぎて追い詰められる
    一番苦手だけど一番凄い曲だと思うよ
    一回聴くと脳にこびりついて離れないもん


    こんだけ書いたけどどうしても嫌いにだけはなれない -- 名無しさん (2010-05-20 08:37:24)
  • ↑一行で -- 名無しさん (2013-02-21 14:52:01)
名前:
コメント: