a Lion Vert

【登録タグ: A 初音ミク 柊P 雪月佳

作詞:柊P
作曲:柊P
編曲:柊P
唄:初音ミク

曲紹介

意思を現実に昇華する時、何か見えてくるものがあるだろうか。
  • タイトルの a Lion Vert(緑のライオン) とは 錬金術 という意味。
  • イラストは 雪月佳氏 が手掛ける。ベースは やうり氏 が演奏。
  • CD『緑のライオン』収録曲。

歌詞

風が吹いた。少し髪が乱れた。
遠く見える、海が僕を呼んだ気がした。 

空は青く、僕を先へ誘った。
時は充ちた。足を一歩踏み出した。

揺れる瞳は僕を留めてやまないけど
踏み出した足はもう止まらないから。

人は金色の夢求め、理想の未来を描く。
今はまだただの石だけど、いつか金に変えて見せるよ。

夜が明けた。眩しさに目を顰めた。
太陽が、また夢を醒ましてゆく。

上を見るのはそれを望んでいたから?
下には踏み締めてた草があるから?

人は金色の夢求め、理想の未来を描く。
先のない道を辿っても、その先を作って見せるよ。

あれからもう、随分遠くへ来たもんだなぁ。
なりたかった、自分にはなれてるのかなぁ。

遠く、聴こえる。時が刻んできた足音。
――ライオンのように強く在れますように

人は金色の夢求め、理想の未来を描く。
例えこの先何があっても、後悔だけはしたくないから。

コメント

名前:
コメント: