あまねく自転車操業とまるめ込み餡団子

あまねくじてんしゃそうぎょうとまるめこみあんだんご【登録タグ: NexTone管理曲 hanzo シュラ種種種 鏡音リン 鏡音レン

作詞:シュラ種種種
作曲:hanzo
編曲:hanzo
唄:鏡音リン・鏡音レン

曲紹介

  • hanzo氏 の7作目。
  • 非常に不気味な館で繰り広げられる、奇妙なお話です。だけどホラーが苦手な方でも聴けちゃう前向きな活力ソングなんです。疲れた時に聴いてリフレッシュしてくださいね☆(作者コメ転載)
  • 歌詞を シュラ種種種氏 が、イラストを 白兎うな氏 が、動画を あひる氏 が手掛ける。ギターは keiki氏 が演奏。
  • CD 『杜甫の腕力、李白の腕力。』 収録曲。

歌詞

密林が漂わす 比類なき高尚さ
雷おこし 頭に乗せて
蛇行気味の道を左折する

勢いよく館に 飛び込んで銃構え
独りで西部劇ごっこして
雷おこしは砕け散った

黄な粉が舞う エントランス
光を奪われた シャンデリア
静寂さと 奇怪な音が
交互に顔を出す 大広間

趣ある 薄暗さは
おあつらえ向きだと思うけど
書斎の向こうの天女様が
恋しくなる 昼下がり

暴れ牛に突かれた
右乳首 癒えぬまま
ポインセチアに唇 重ねて
流れ作業の波に乗ろう

薄暗い洋館で 和菓子を大量生産(マスプロダクション)
お団子は皆 ソウルメイトさ
農閑期に合わせて 操業するんだぜ
二足の草鞋(わらじ)の経営

薄暗い洋館で 和菓子を大量生産(マスプロダクション)
甘くてお茶目でシャイな奴らさ
頭脳集団を定期的に招いて
経営理念の みなおし

変革者が苦言を呈す
成果の乏しいプロジェクト
包括的な改革をも
阻む組織内の壁

論客が牙をむいて
威嚇をしてきたら
泣きぼくろに 閉じ込めた
眠る猛禽(もうきん)を 解き放つぜ

皮の袋にタンポポ たくさん詰めて
論客に見立ててタコ殴り
はったい粉にまみれた帝王学と
快刀乱麻のスパイラル

薄暗い洋館で 和菓子を大量生産(マスプロダクション)
千鳥足で踊り出る論客
誰も聞いちゃいない辻説法を
遠目で見守る 「ししおどし」

中庭に鎮座する 旧式ガトリング
壁をぶち抜くわけでもなく
ただ害虫撃ち落とす
5分おきに

薄暗い洋館で 和菓子を大量生産(マスプロダクション)
お団子は皆 ソウルメイトさ
あんこにまみれた 会計学と
目を当てられない損失

薄暗い洋館で 和菓子を大量生産(マスプロダクション)
すべては貴女に捧げるためさ
45×12個の和菓子
あまねく 自転車操業

見積もりよりも 和菓子があふれて
腰をクネッとする

コメント

  • あいかわらずのノリと勢いで大好きです! お団子食べたくなってきた -- 名無しさん (2013-02-09 09:41:39)
  • ちょっとお団子たべてきます(´∀`)ノ -- 風華 (2013-05-29 19:30:36)
名前:
コメント: