霧初音

きりはつね【登録タグ: 初音ミク 文鳥P

作詞:文鳥P
作曲:文鳥P
編曲:文鳥P
唄:初音ミク

歌詞

朝霧を まとう緑
こだまする 初音…
晴れることなく かすんで
ひんやりと 触れる

霧に隠された 道を
さまよって どこへ
道しるべなく 傾いた
夕霧の旅路

行く先は かすみ続ける
つまずいて 今日に
ずっと痛みと 立ち尽くして いても
この歌だけは 途切れずに
霧を越えて 届いて
遙か 彼方

巡る季節の 霧間に
ささやいた 初音
空に向け鳴く その声は
霧に溶け 消えた

行く先を 焦るほど
かすみ薄れる 言葉
やっと叫んだ 声は 届かなくて
いずれまぎれて 消えるなら
霧に溶け 今だけを
遠く 歌う

夜霧に 溶ける声
遙か 霧初音
遠い 明日
霧の 彼方

行く先に 霧の晴れ間が
広がって いても
きっと不安を 抱えながら 歩く
傷つく度に 踏み出して
明日はまだ 遠くても
今は 前へ

行く先は かすみ続ける
つまずいて 今日に
ずっと痛みと 立ち尽くして いても
この歌だけは 途切れずに
霧を越えて 届いて
遙か 彼方

霧に 響く
初音

コメント

  • 何か、こう・・・霧が好きです。 -- 璃躯 (2009-04-18 19:59:39)
  • いい曲だから伸びて欲しいとずっと思っていたのですが・・・・隠れたミク名曲 -- ゆーとん (2011-02-19 00:08:11)
  • 凄くいい曲ですね・・・早く帰ってきて欲しいです -- 名無しさん (2011-06-01 23:19:59)
名前:
コメント: