R > k_zero+A

【登録タグ: GUMI R k_zero+A

作詞:k_zero+A
作曲:k_zero+A
編曲:k_zero+A
唄:GUMI

曲紹介

  • 旅の終わりが近付いています。
  • アルバム『is coloratura』収録曲。
  • C」と同日投稿。

歌詞

灯りの中初めて
産まれた私の
醜さ掴む日の喜びは
磨いた鏡の中
くすんだ姿を
見つけた後でも変わることなく
流れた月日の中
育てた私を
皮肉が向かう日を恐れてた
嫌いな鏡の中
綺麗な姿を
見つけてここから
姿すぐに消した

君を運ぶ7人の小人
まだ誰かを助けなさいと言われたから

神様 僕らは許されるのかな
聞けど答えないくせに
応えを求む
神様 歌には気持ちを込めたよ
宛名の無い手紙とか
言われても
いつまでも
返事を待つ夜

辺りを見て初めて
気付いた痛みに
耐えずに誰かが代わりに泣く
歪めた鏡の中
移した姿に
見つけた壊れた劣等感

君を運ぶ毒味のリンゴ
まだ私を助けなさいと言われたから

誰かに聞こえた吐き出すような声
アルトルイズムに乗せて孤独を歌う
ガラスの棺を飾るための歌
使い古したあとには靴に仕直す

確かな答えをみんなが探した
問いすら無いこと知らず
囚われたまま
神様 僕らは許されるのかな
黙りこむ空見上げて
明日には
明日から
明日の神様


コメント

  • 追加おつ! -- 名無しさん (2013-03-19 21:49:27)
名前:
コメント: