アカシックレコード > あすか

あかしっくれこ-ど【登録タグ: GUMI MAYU あすか 屍ドロップ
作詞:あすか
作曲:あすか
編曲:あすか
唄:GUMI・MAYU

曲紹介

「無機質なこの世界で
生まれ育った僕らは
ソレが真実だと信じていたんだ。」

――――世界が変わった あの日までは…
  • 今現在、数少ないGUMI・MAYUのオリジナル曲の一つ。

歌詞

「無機質なこの世界で 生まれ育った僕らは、ソレが真実だと信じていたんだ。」
世界が変わった あの日までは・・・

やがて訪れる終末にビビった腰抜け神様は
愉快な未来空想して嘘に嘘を塗り塗り重ねた

気紛れ御都合主義者の イカレ信者の皆様方
10000匹目のヒツジさん 溺愛 偏愛 執心のご様子

冷たいモニター越しに見る奇跡は
人の道を外れた嘲笑(わら)えない 道徳観念

生まれた意味さえも 使い棄ての僕等には必要無くて
それでも生きる目的求めるんだ 欠けた未完成のエニアグラム

白い部屋の壁一面に 未来描いた幾何学模様
誰にも見せる事の出来ない 摩訶不思議な秘密の図書館

散らばる知識と記録を 一つ一つ手に取る度に
儚い命の灯火(ともしび) またまた一つ一つずつ消える

揺り籠代わりのフラスコで聞く悲鳴を
子守唄にして 僕等産まれて消費されていくんだ

このまま何処までも 堕ちて逝けば辿り着ける未来は
いつだって誰も救われないって事を 
司祭様だって知らなかったんだ

シナリオ通りの展開を 都合良く上書きしよう
手に汗握るような「裏切り」を 「感動」を演出するんだ

四角い碧(あお)だけが 僕の望む唯一のハッピーエンド
退屈な日々に夢を見せてくれる

例えばこの世界に 独り取り残されてしまうとして
それでもずっと一途に想えたら
それは「恋」だったんだ って言えるよ

「穢れきったこの世界で 嘘くさい歌を唄う
ノイズじみたこんな音で 癒されるはずも無いのに・・・」

コメント

  • 追加おつ -- 名無しさん (2013-04-04 22:52:22)
名前:
コメント: