月明かりの宴

つきあかりのうたげ【登録タグ: twinkle ウタP 初音ミク

作詞:U-ta/ウタP
作曲:twinkle
編曲:twinkle
唄:初音ミク

曲紹介

奉納と宴のうた。
  • twinkle氏による約一年ぶりとなるVOCALOID楽曲。
  • 作詞はウタPが担当している。

歌詞

星降る宵の闇に 揺らめくは朱き焔
笛の音高らかに 祀り唄を奏でん
結べや 絆の糸 月の輪を象るように
欠けてもまた満ちる 人の仔の営みよ

ただ其処に在りし日々を 重ね続ける意味を
立ち止まり 思い返し また歩き出すのだろう

忘られぬ過ぎた時と まだ見えぬ明日の夢を
一筋の糸に委ね 清らかな月を仰ぐ


篝火燃え尽きても 鳴り止まぬ鈴の調べ
終わらぬ旅の喧騒は旅の疲れを癒す

ただ一人進む日々を 歩き続ける意味を
悩んでは答えを出し また探しに行くだろう

今此処にいる僕と 目の前で踊るキミを
月の輪の糸で結ぶ 絆を捧ぐ宴


ただ其処に在りし日々を 与えられた生命を
何の為 誰の為に 僕は生きてるのだろう

忘られぬ過ぎた時と まだ見えぬ明日の夢を
一筋の糸に委ね 清らかな月を仰げ

寄せては返す葉擦れの音色
風よ 吹けよ 一夜の夢を乗せて
照らしては翳る気紛れな月
雲隠れに揺れる明かりの宴


コメント

  • 追加おつ! -- 名無しさん (2013-04-09 00:55:34)
  • やはりいい曲!もっと評価されるべき! -- 名無しさん (2017-04-09 09:01:13)
名前:
コメント: