コトノハナ

ことのはな【登録タグ: TaKa 巡音ルカ

作詞:TaKa
作曲:TaKa
編曲:TaKa
唄:巡音ルカ

曲紹介

2年と少し・・
  • TaKa氏 の12作目。
  • イラストを No.734氏 が、MIX・マスタリングを yasushi氏 が手掛ける。ギターは piro氏 が演奏。

歌詞

あれから何度目かの季節も通りすぎて
まどろみの中 君の夢を見ました
泡沫(うたかた)の景色 そっと抱きしめた朝闇に
悴(かじか)む心 今も泣いてます

振り向けばきっと 大好きだった笑顔の君がいて
「大丈夫だよ」 囁くから また春がくるよ

遠い遠い季節を唄えば 落ちるあの日のコトノハナ一つ
「いつかいつか桜が咲いたら」 届け 永遠の想いよ

千切れた雲の隙間に囁いた物憂げは
螺旋の祈り捧ぐ 現(うつつ)の夢?
巡る時間を辿れど 永遠が遠すぎて
触れる度にまた霞んでまた消えて

仰いだ蒼(あお)に 君の気配を感じているのに
何度呼んでも 見渡しても 君は何処にもいなくて

降り注ぐ白い華 まるであの日のように
「今でもまだ戻れますか?」 答えは分かってたのに

巡り巡る季節の中には 君と出会った大切な場所
「いつかいつか桜が咲いたら」 覚えてますか? 

遠い遠い季節を唄えば 落ちるあの日のコトノハナ一つ
いつかいつか桜が咲く頃 君に逢いに行きます

コメント

  • この曲はもっと評価されるべき。ボカロの声が嫌いなぼくだったけど、なぜかこの曲を聴いてからスッと入ってくるようになってきた。コトノハナはそう思わせる雰囲気があるし、何より曲調が綺麗。2年前からこのメロディが頭から離れません。実力に再生回数が追いついていないような感じです。歌ってみたも少ないし… -- 名無し (2016-04-24 17:29:18)
名前:
コメント: