愛は蜉蝣のように

あいはかげろうのように【登録タグ: niceneet. 初音ミク

作詞:niceneet.
作曲:niceneet.
編曲:niceneet.
唄:初音ミク

曲紹介

  • niceneet.氏 の9作目。
  • イラストは 47氏 が手掛ける。

歌詞

怖いものさ慣れというのは
ずっと一緒にいたせいで
大人びてく君に気付くのが
遅すぎたよ

急に引っ越しの話
遠く離れるなんて
残酷で悲しい嘘はつかないで

「好きだよ」
震える声で鳴らす言葉
大切な人だからこそ言えずにいたよ
嫌いな弱気=優しさなんかじゃない
立ち止まる二人の隙間
蜉蝣(かげろう)が緩やかに飛んだ

暗いムードは御免だから
ずっと黙っていたなんて
癪に触るくらい卑怯だなお互い様

指を握って泣き笑い
夕陽が頬に映した
一筋の光の理由打ち明けて

「好きだよ」
初めて知った君の心
長い歳月温めて羽ばたきだした
生まれたばかりの愛は明日に消える
止むことなく恋焦がれた幸せが
胸を締め付ける

『好きだよ』
繰り返しては確かめ合う
愛を彷徨う蜉蝣(かげろう)よあと少しだけ
何処へも行くのはいつも一緒なのに
最後に夢見てた場所は君とはもう・・・

コメント

名前:
コメント: