夏の足音

なつのあしおと【登録タグ: NexTone管理曲 初音ミク 木片 ツマー

作詞:木片
作曲:ツマー
編曲:ツマー
唄:初音ミク

曲紹介

空が高くなって、日が伸びて、街が少し騒がしくなる。
足を踏み出せば、ほら、夏の足音が聴こえてくる。
  • 夏の空気が感じられる軽やかなボサノバ調のメロディの曲。

歌詞

神様にだって
気づかないふりをして

路地裏 抜け出して
手を振るの

目抜き通りで
あっちこっち

期待通り一人ぼっちで

弾むリズム踊る
揺れる恋心

陽だまり
吹き抜ける風

夏の足音…

雨がふりだして
街中が慌ててて

気にしない
この場所で君を待つ

あわてんぼうが
あっちこっち

てんやわんや
大騒ぎして

ひとりふたり気付き
仰ぎ空を見る

夜空を追いかけてく

ママの言うことは
何一つ分からない

古い夢を見せる町で
君に出会えたから

パパの言うことは
信じてみてもいいのかな

「星の数よりもっと
 君は恋をする」

夏の足音…

ねぇ 箱庭の世界でも
強がってやるの

ほら 流れ星一つ
きらめいて消えちゃった


夏への扉
あっち?こっち?

猫たちと探しまわるの

歌え踊れ騒げ夜の街
星座を追いかけてく

ママの言うことは
何一つ分からない

古い夢を見せる町で
君に出会えたから

パパの言うことは
信じてみてもいいのかな

「星の数よりもっと
 君は恋をする」

星を数えて歌う

(動画内歌詞より転載)

コメント

  • こんないい曲なのに、再生数少ないな…。 -- 名無しさん (2013-12-09 22:21:13)
名前:
コメント: