夢中遊行

むちゅうゆうこう【登録タグ: GUMI redo あをこ

作詞:redo
作曲:redo
編曲:redo
唄:V3 GUMI

曲紹介

  • redo氏 の9作目。
  • イラストは あをこ氏 が手掛ける。

歌詞

明日までは
下らない手枷に嵌められて
夜は朝に変わるから
天川の様に別つ

ネオンの森をすり抜ける兎
夜だけの夢に身を任すの
割れぬばかりの胸の鼓動と
共に抱いて離さないでね
ウレタンの隔てる距離は嫌い
溶けて一つになれれば幸せ
莫迦なものでしょう 愚かしいでしょう
貴方以外見せないわ

ああ夢の中
現実に塗れた夢の中
生きてる故に侘しくて
この躰(からだ)ごと沈める

通過した夜汽車の汽笛に
裂ける夜 明ける夢
ああ現実よ こっちを見ないで

それはとてもとても素敵な夢
貴方は落ち着き払いこう言うの
僕なりの愛で 君なりの愛で
2人の望んだ永遠を生むんだ
うだつの上がらない闇の先は
世界に相応しくないね
貴方ならいいよ 連れて行って
「愛してる」 「大好き」

ああ 108の鐘が鳴る
これからはずっと一緒に居て
いつまでも私を愛して

コメント

  • すごく好きです ちょっと林檎さんっぽくてさらに好き -- 名無しさん (2013-06-03 23:03:54)
  • 最近ずっときいてる -- 名無しさん (2015-03-17 21:48:38)
名前:
コメント: