銀色の流れる砂

ぎんいろのながれるすな【登録タグ: 初音ミク 日向カラカゲ

作詞:日向カラカゲ
作曲:日向カラカゲ
編曲:日向カラカゲ
唄:初音ミク

歌詞

PIAPROより転載)

九番ゲートを抜けた先
照りつける太陽と砂地獄
相棒のラクダは能天気 
それもいいかな 天候も良好

自分の過去を探す旅
今は無き町を探す旅
傷つくことも受け入れよう
私は私を知りたいだけさ

月のきれいな砂漠の夜に
とても不思議な夢を見た
銀色に舞う 砂の中で
女の子が泣いていた

刹那に
あの娘のおぞましいほどの
悲鳴とともに目が覚めた
頭から離れない その声は

枯れない程度に潤して
壊れない程度の距離を行く
希望 絶望を越えた感覚
虚無の疾走

フラフラと揺れる視界で
銀の砂を見つけた
サラサラとこぼれるそれは
さながら夢のよう

壊された看板を見つけた
『銀砂の町ダルジャン』
砂を噛み はじける音を聞く
血の味がよみがえる

刹那に
押し寄せる 記憶の波
忌まわしい戦いの記憶
銀色の砂を見つめた後
空に放った

鋭い日差し
砂漠の風
輝きながら
舞い上がる まだ まだ
まだ まだ まだ 舞い上がる

コメント

名前:
コメント: