月が僕を照らすから

つきがぼくをてらすから【登録タグ: rhapsody 初音ミク

作詞:rhapsody
作曲:rhapsody
編曲:rhapsody
唄:初音ミク

曲紹介

  • rhapsody氏の第4作目。
  • なんとなくジャズっぽい感じで(作者コメ転載)

歌詞

PIAPROより転載)

日が落ちて夜の闇が広い空を黒く塗る
寂しげに光る月が僕の頬を優しく照らす

「月が綺麗ですね」なんて少し照れながら君に
言ってみたいななんて少しだけ考えてた

月が道を照らすから
僕はその道を歩くよ
この道が君の元へ
続いてる気がして

公園の椅子に座り沈黙の音を聴いた
ポケットに入れた手をいつもよりも強く握る

時がとまり僕の心が闇と混ざり溶ける
君が僕で、僕が君。第三者はもういなくなった

我に帰るとそこにあるのは変わらずにある光
この月を君も見ているかとふと考えた

月が僕を照らすから
僕はもう下を向かないよ
遠くから君をここで
見てるだけでいい


月が道を照らすから
僕はその道を歩くよ
この道が君の元へ
続いてる気がして

月が僕を照らすから
僕はもう下を向かないよ
遠くから君をここで
見てるだけでいい

月が道を照らすから…

月が僕を照らすなら
僕はどこまでもゆくよ


コメント

  • タグとリンクの不備を直しました。 -- 名無しさん (2013-05-09 01:44:00)
名前:
コメント: