ヒトツノタメイキ

ひとつのためいき【登録タグ: As'257G 真雪 鏡音リン

作詞:真雪
作曲:As'257G
編曲:As'257G
唄:鏡音リン

曲紹介

  • 暑くてけだるい気分なリンちゃんに歌ってもらいました。
  • イラストはHach氏が担当している。
  • 配信EP『窓辺で夢見る紅茶時間』収録曲。

歌詞

まるで刺すような
日差しが私に
褪せた琥珀に融けた氷
舌で転がす昼下がりに

開いていた本 いつの間にか閉じ 腕枕
ガラス越し見えるバリスタの
タンピングのリズムに船を漕ぐ


ふと目を開けば
隣に居た娘は
つけ睫毛つけ始め
薄い唇をバラ色に彩って席を立つ

既に陽は落ちて
真夏の夜空が
東の空にぽつりぽつり
星が輝く紫色

水銀の明かり
ところどころ咲く
少しずつ騒がしく色づいてく街
ため息一つついて後にする


コメント

名前:
コメント: