Dr.アイロニーの幾何学

Dr.あいろにーのきかがく【登録タグ: D 一億円P 初音ミク

作詞:一億円P
作曲:一億円P
編曲:一億円P
唄:初音ミク

曲紹介

とある天才博士の話。

歌詞

Dr.アイロニーの朝は いつだって遅く訪れる
愚痴をこぼし 太陽を睨み 濃い目のコーヒーを淹れる

Dr.アイロニーの妻が焼いた パンを頬張って 「おはよう。」
一言だけ言葉を交わし そそくさと研究所に篭る

天才と呼ばれ 気づいたら 名誉がいくつも棚の上
それでも研究は続くよ まだ あと 一つだけ
「証明したいことがあるんだ。」 渦巻くパズルを紐解いていく
「これさえわかればどうでもいいや。きっとこれが僕の全てだ。」

ねぇねぇ、君ってば変だな 何にも興味がないみたいなのにさ
その箱の底には どんな なにが 息を潜めるの
あーなんてじれったいんだ いつものように答えを導いて
変哲もないような顔で ほらさ、いつものようにさ

Dr.アイロニーの助手は 彼のことが大の苦手だ
とっつきにくい 頑固な彼に 今日も胃痛が治まらない
Dr.アイロニーの秘書は 彼のことが大の苦手だ
優しくなお美しい妻がいることに 不思議が止まらない

あーそんなこんなで今日もまた 太陽が向こうへと駆けていく
Ah まだ届かないな ほらまた時間だよ

ねぇねぇ、君を虜にする その謎の正体はいつもよりも
随分 照れ屋だね どうだい まだかい?手のなるほうへさ
あーなんて野暮ったいんだ いつものように愚痴をこぼしながら
難解な魔術を 描いて 解いて 明かしてみせて

雨が降る夜に 助手と二人 気まずい空気が最高潮
あぁ なんて 気の毒なんだ それじゃあ胃がいつか溶けちまう
そんな中 秘書がドアを叩く 少し青ざめた表情で言う
「あの、その 奥様が今 倒れて搬送されました。」

Dr.アイロニーの助手と秘書は同じ事を考えた。
興味などさらさらなくて 研究が大事に違いない。

Dr.アイロニーは突如 取り乱し慌てふためいた
「妻は無事か 意識はあるか 死にそうか 大丈夫なのか
彼女は僕の全てなんだ この研究も意味がなくなる」
言葉を吐き 所を飛び出した 君は意外と愚直なんだね Ah

病室で眠る妻の横で ぽつりと座りふと呟いた
「メリーメリー 目を覚ましてよ
この宇宙より君がくれた 愛のほうが大きいんだって
精神論なんかじゃなくて カタチとして 証明したかったんだ」

彼女が少しクスッと笑って 一言「ほんとにバカ」って

もーあー!全てが台無しだよ 僕のロマン派科学は潰えるのか
起きていたなんてさ そんな なんだ あんまりじゃないか
あーなんて恥ずかしいんだ 穴があるなら今すぐ入りたい
こんな研究は 今すぐやめだ でもそれでいいや オーノー

意外なカタチで幕を閉じる 溢れる笑顔を隠しきれず言う
『早起きになるから今日はこれでおしまいにするよ。』

コメント

  • イイ曲ですよねー! 追加お疲れさま(^ ^) -- 名無しさん (2013-05-19 14:59:26)
  • いい歌(ノД`) -- レーズン (2013-05-19 17:53:08)
  • 歌詞も曲もミクの声も全部綺麗……! -- 名無しさん (2013-05-19 22:23:18)
  • CDから聞いて号泣しました。サビの爽快感がいい。 -- みーざ (2013-08-30 16:01:30)
名前:
コメント: