Chionodoxa Luciliae

【登録タグ: C Souya liviera 初音ミク

作詞:Souya
作曲:liviera
編曲:liviera
唄:初音ミクAppend(Dark)

曲紹介

  • liviera氏 の4作目。
  • 「Chionodoxa Luciliae(チオノドクサ・ルシリエ)」は、ユリ科の多年草。別名は雪解百合(ユキゲユリ)。
  • 作詞を Souya氏 が、イラストを 白けいと氏 が、動画を *****氏 が手掛ける。

歌詞

そこから先は いつもの低空飛行で
言葉はすべて 空回りして落ちてく

何をしても 癒せないのなら
ただ そばで ただ 羽を休める
宿木になろう

切なさが あふれそうなら 
壊れるくらい 強く抱きしめてあげる
銀の空 融け出すような
朝焼けの陽が もうすぐふたりに届くまで

取り繕った 慰めなど言えないよ
誰もがみんな 傷を抱えて生きてる

長い冬は 凍えそうだけど
雪解けの春を夢見たなら
感じるぬくもり

足跡が 白く消えても
道に刻んだ 花の記憶は消えない
いつかまた 歩き出せたら
あの丘に咲く 雪解百合(ゆきげゆり)を確かめに行こう

季節の風 永遠まで
静かにふたり乗せて 巡る世界
透けた氷の窓で
曇る景色 身体をいま抱き寄せ
暖めたら 聞こえるの ふたつの鼓動が 

切なさが あふれそうなら 
壊れるくらい 強く抱きしめてあげる・・・
足跡が 白く消えても
道に刻んだ 花の記憶は消えない
いつかまた 歩き出せたら
あの丘に咲く 雪解百合(ゆきげゆり)のもとへ

今は 横たわって 瞳閉じて 春を想って眠るの 未来のため
過去を売り払って 今を買って 逃げ出そうとしてみても  
変わりはしないの

切なさが あふれそうなら 
壊れるくらい 抱きしめるから
銀の空 融け出すような
朝焼けの陽を また見るまで

コメント

名前:
コメント: