ふたりだけの地図

ふたりだけのちず【登録タグ: 上村香月 初音ミク

作詞:上村香月
作曲:上村香月
編曲:上村香月
唄:初音ミク

曲紹介

  • 上村香月氏 の7作目。

歌詞

言葉を交わすたびに 君に引き込まれてく
いつからだろう 気づいたら君の事ばかり
目で追いかけていた

下校時間ずらして 肩を並べて帰る
夕焼けの陽が街を包み 二人の影見守った

素直な気持ち 言葉にのせた
君が好きだと なぜか涙がこぼれ
そっとその手を握りしめた

眩しく輝いている 君とのありふれた思い出
ゆっくりでもいいから歩幅あわせ
乗り越えていく どんな困難も
空に描く夢の地図 風にさらわれ消えていった
忘れないで側にいるよ ずっと
見つけに行こう ふたりだけの地図を

静けさに目を閉じた 白いベールが包み
いつしか馳せる心さえ忘れ 今を生きてた

奇跡を起こす見えない力 確かにあるよ
その肩に降る雨を払い
虹の向こうへと

覚えていてこの丘から 見渡す一面の景色
この胸に咲く花を抱きしめて
永遠への誓い 祈りをこめた
別々の道を歩いてく 二つ違う命だから
例え離れることになろうとも
決して終わることじゃないから

散り始めた桜を背にして
僕らはこの道の果てへと向かって歩いてく

眩しく輝いている 君とのありふれた思い出
抱きしめ星の中瞬いてる
月が照らすステージで二人
空に描く夢の地図 風にさらわれ消えていった
忘れないで側にいるよ ずっと
見つけに行こう ふたりだけの地図を

こんなにも君の事を愛している

コメント

  • この曲大好きすぎる~~~!(≧Д≦)切ない曲調も歌詞も最高(*`ω´)b -- 名無しさん (2016-05-08 09:43:45)
名前:
コメント: