親不孝物語

おやふこうものがたり【登録タグ: crow/鴉 初音ミク

作詞:crow/鴉
作曲:crow/鴉
編曲:crow/鴉
唄:初音ミク

曲紹介

  • 動画説明文より
父親と言い争って飛び出した息子。仲を取り持つ母親。息
子に母が送った手紙です。親はいつでも子供が「心配」なものなのです。
父ですか?無論、無口です。

歌詞

今朝はこの冬初めての 雪化粧の朝でした
昼には消えてしまう 程度の淡い雪ですが
身支度するのも辛い 寒い季節になりました
あなたは元気で 過ごしていますか

味噌と野菜を別便で 少しだけれど送りました
学生時代は朝食も 取らずに出かけましたね
きちんと食事していますか 母はそれが心配です
お腹を空かせて さみしい思いしていませんか

今ならわかるでしょうか あの時父さんは
あなたの可能性を 否定したわけではないと

夢を見ることが 親不孝なのではありません
若さは時にそんなもの 自分を見つめるのが苦手です

飛び出したあと届いた 住所だけ書いたハガキ
来年の春でもう 一年になりますね



ぐいのみ片手の晩酌は いつもの純米吟醸
週に一度の休肝日 父さん 守っているようで
飲まないくせにいつ頃か 冷蔵庫に缶ビール
そういえばあなた 日本酒は苦手でしたね

父さんはあなたのことを 話題にしたりしませんが
あなたの街のことは 折に触れて話します
「住めば都」と言うけれど 都会はやさしいですか
ひとりぼっちでさみしい 思いしていませんか

親と言うものは どうしてこうなのでしょう
子供に厭きられるほど いらぬ心配ばかりで

夢を追いかけることが 親不孝なのではありません
若さは時にそんなもの 自分しか見えない時があるのです

盆のころには帰るかと 思って待っていました
正月にはそ知らぬ顔で 帰っておいで



親子と言うものは 厭きれるほど不器用で
つまらぬ意地が邪魔して 愛情がうまく示せない

夢に敗れることが 親不孝なのではありません
人生は時にそんなもの うまくはいかないこともあるのです

その日 父さんの晩酌は きっとビールになるのでしょう
二人 独り言みたいに 話するのでしょうか


ピアプロより転載)



コメント

名前:
コメント: