虚像 > 寸止め

きょぞう【登録タグ: GUMI 寸止め
作詞:寸止め
作曲:寸止め
編曲:寸止め
唄:V3 GUMI(Native)

曲紹介

その幻想をブチ殺す

歌詞

早く忘れて 君もそこまで気ィ遣えないだろ?
こんな僕など
ひとり、部屋で僕はまた凡庸
膝を抱えたまま川の中浮かんだ

なんとなく辛いだけ
意地張って転んで擦り剥いた傷を見て惨めになった

焼けついてる虚像を君の中に見てた
ありのままで居れない場所を彷徨って
何度だって同じ償いの繰り返し
反転した姿、煙に巻いていた

なんとなく辛いだけ
なんとなく寒いだけ
なんとなく惨めで
降り積もるだけで

早く忘れて
僕もそこまで強く在れはしないから
腐っちまったんだ

何のために僕は空元気振り絞る?
砂に塗れた手で何を変えられる?
さざめいた虫に歩調を合わせながら
見え透いた幻想にさよなら言おうか

コメント

  • おお -- 名無しさん (2014-06-02 23:11:47)
名前:
コメント: