77

【登録タグ: MAYU その他の文字 ふうりんP
作詞:ふうりんP
作曲:ふうりんP
編曲:ふうりんP
唄:MAYU

曲紹介

”僕達が今見ている星の光は、今はもう戻れないあの頃の光なのかもしれない。”(作者コメントより転載)
  • ふうりんPの3作目。
  • 今作は作曲から絵、動画まですべてふうりんP一人で手がけている。

歌詞

作者ブログより転載)

久しぶりに見る星空は 思ってたよりもずっと綺麗で
いつの間にか 僕も 君でさえ大人になってしまったね
月日が経つほど色々と 学んだことならあったけど
その代わり失ったものも それと同じくらいあったよね

昔は人目もはばからす 怖いもの知らずだったのに
君と一緒にいることが 恥ずかしくなったのはいつから?

こうして君といるときが 唯一過去に戻れるとき
あのベガとアルタイルに夢を見る
あぁ 神様 どうか僕達は彼らのように引き離さないで

いつもケンカばっかだけれど 意地っ張りなとこは変わんないね
謝られると許しちゃう だからダメなんだってわかるけど

昔はドラマみたいな台詞なんかも ためらわずにいえたのに
素直に気持ち伝えること 恥ずかしくなったのはいつから?

こうしてキミといるときが 唯一素直になれるとき
今の僕なら 見える星がある
それでもやっぱり言えなくて 深い星空に 吸い込まれていく僕の気持ち

あぁ、もうあの頃には 今はセピアがかったあの頃には

もう 戻れないの?

こうして君といるときが 唯一大人を忘れられる
無数の星たちに夢を見る
あぁ 神様 どうか僕達の心は 彼らのように傍にいさせて

コメント

名前:
コメント: