ガラス越しの偉い人たち

がらすごしのえらいひとたち【登録タグ: ヒッキーP 初音ミク

作詞:ヒッキーP (14歳当時)
作曲:ヒッキーP
編曲:ヒッキーP
唄:初音ミク

曲紹介

  • 中学生ボカロPになりすまそうとして断念した曲。
  • 歌詞は作者が実際に中学2年生当時に書いた詩を使っている。

歌詞


重病に冒され 助からないと云われた少女
地道な治療から見える光は断ち切られ

生きている心臓を
知らぬ人の温かさを奪って得ることにした

「覚悟はできていた あいつがあのカードを持った日から」
家族 友人 動かぬもその温かい身体見て

手離したくないと
知らぬ人を助けるのに 迷いが生じて

マスコミはスクープ 大規模な移植手術
尊大な評価と 不道徳と言う非難の応酬

ガラス越しの偉い人たちは
いつか偉いことをしましたか
ガラス越しの偉い人たちは
いつか人を救いましたか

「人の命を軽んじるな」
あなたならどんな判断下せるの

ガラス越しの強い人たちは
いつだって無敵な要塞 不敵な制裁
ガラス越しの天国はどこだ
みんな平和になってよ

ガラス越しの偉い人たちは
いつか偉いことをしましたか
ガラス越しの弱い僕たちは
ただ指をくわえ眺めてるだけ



コメント

  • 追加おつ! -- 名無しさん (2013-07-11 21:28:11)
名前:
コメント: