影絵の絵本

かげえのえほん【登録タグ: スノーノイズP 鏡音レン

作詞:スノーノイズP
作曲:スノーノイズP
編曲:スノーノイズP
唄:鏡音レンAppend(Cold)
コーラス:ラ・ズィマッキエ

曲紹介

  • スノーノイズP の28作目。
  • 影のある人間になりたかったので、レン君に歌ってもらいました。(作者コメ転載)

歌詞

灰色の ひとり雲
茜色 夕暮れも
影の街 囁きは
何もなく 覆い隠す

人型と 面影も
遠くなる もう砕く
果ての街 誘いは
何もなく 元から無く

ひび割れた 鏡にも
奪われた 声を
かすれゆく 篝火も
迷い溺れていく

追いかけたものは夢の底へ
沈む海に形は崩れて
元の形も分からぬままで
追い求めたものは何処へ消えた

問いかけた罪は果ての空へ
滲む夕日に影を重ねて
通り過ぎた日々はささやかに
あてもなく消えた日を求めて

片足を引きずりゆく
野良猫に 導かれて
左手に繋がる手も
振り払い 歩いた

何も変わらない街並を見た

追いかけたものは水の底へ
揺れる波に形は崩れて
元の形も分からぬように
一思いに砕いた残像

問いかけた罪は何処へ消えた
滲む視界に影を重ねて
通り過ぎた日は遥か遠く
あてもなく彷徨う人の夢を

「まるで世界終わるみたいだね」
いつか僕も追いつかれて
めぐる記憶 赤い風が吹く
夢を見てるような気がした

「まるで君と僕の残骸だ」
いつか星に追いつかれて
まわる世界 赤い風が吹く
夢を見てるような気がした

「まるで世界終わるみたいだね」
いつか僕も追いつかれて
めぐる記憶 赤い風が吹く
夢を見てるような気がした

「まるで君と僕の残骸だ」
いつか星に追いつかれて
まわる世界 赤い風が吹く
夢を見てるような気がした

コメント

  • 追加おつ! -- 名無しさん (2013-07-18 00:32:34)
名前:
コメント: