浮夜ノ恋時雨

うきよのこいしぐれ【登録タグ: GUMI トライアド

作詞:トライアド
作曲:トライアド
編曲:トライアド
唄:V3 GUMI(Power)

曲紹介

いつの世も 暑さと巡る 恋時雨

                   とらいあど
  • トライアド氏 の5作目。
  • イラストは 樹村ろこ氏 と +cat氏 が手掛ける。

歌詞

揺れる蓮の花眺めて
染まる暁に星の影
月を宿した夜露
花びらにこぼれ落ちる

騒ぐ胸の鼓動理由もなく
恋と呼ぶにはもう
過ぎた出会い
心遠く

無我夢中で求め合う
記憶はよみがえる
蝉の鳴く声
短き恋
一夜の夢
夏を告げる

咲いた花は 枯れるが性
季節は移ろう
想い人は 今や遥か
一夏の恋は
美しく

雨上がり 風の匂い 蝉時雨
濡れ野原駆け抜ける

宵の口 君の匂い 恋時雨
波立つ水面、立ち尽くす

浮世の夢 別つ定め
可憐 薄化粧
愛の情け 恋の道連れ
冷めぬ熱抱え
いざ行く

限られた時の中で
身を寄せ合う二人
秋の訪れにさえ気づかず

咲いた花は 枯れるが性
誘う甘い罠
儚くも
落ちるが恋 醒めるが愛
なれど繰り返す過ちと
恋時雨

春に芽吹き
秋に枯れる
冬に思い出す
夏空と恋の時雨

コメント

  • 追加乙! -- 名無しさん (2013-08-08 22:51:00)
名前:
コメント: