飛行船

ひこうせん【登録タグ: NECOP 鏡音リン

作詞:桃茄子
作曲:NECOP
編曲:NECOP
唄:鏡音リン

曲紹介

  • NECOP の11作目。
  • 歌詞を 桃茄子氏 が、イラストを 樞爍氏 が手掛ける。

歌詞

春の明るい 日差しの下で
芝生に寝転び 空を見上げた
気持ちいいな こんな午後
心がポカポカ 暖かくなるね

向こうのお空に 飛行船
雲と一緒に フワフワ浮かんで
私の事を 見ているのかな
ちょっぴり照れて 目を閉じてみる

去年の春は あなたと二人
同じ芝生で 寝転んでたね
瞳に映る 雲逹を見て
何に似てるか お話ししてた

ゾウさんクマさん ヒツジさん
サカナやクジラや お船もいたね
あなたは 食べ物ばかりで
私にあげると 言ってくれたね

そして二人で 肩を寄せ合って
寝転んだまま キスしていたの
空に浮かんだ 雲の船
私を抱き締め あなたは乗った

空飛ぶ船には 私達だけ
雲と一緒に 流れて行くの
プカプカプカ どこまでも
プカプカプカ どこまでも

夜のとばりが 世界を閉じても
星の明かりは 二人を照らすの
キラキラキラ いつまでも
キラキラキラ いつまでも

瞼を開ければ また一人ぼっち
雲の間に 飛行船
思い出連れて 飛んで行く
あなたを乗せて 消えて行く

私は手を振り 胸一杯に
あなたに向かって こう伝えるの
アリガトウ そしてサヨナラ
アリガトウ サヨウナラ

胸の中は 熱いけど平気
ちょっと 涙も出たけど平気
笑顔で今日は 歩いて行こうね
明日も笑顔で 歩けるね

コメント

名前:
コメント: