季節の名残りに

きせつのなごりに【登録タグ: スノーノイズP 鏡音レン

作詞:スノーノイズP
作曲:スノーノイズP
編曲:スノーノイズP
唄:鏡音レンAppend(Serious)
コーラス:ラ・ズィマッキエ

曲紹介

  • スノーノイズP の38作目。
  • 四季で夏が一番好きです。(作者コメ転載)

歌詞

季節の名残りに淡く光る
空蝉の足音 少し遠くて

消えるのは恋し真夏に咲く
風鈴の泣き音 ふと見下ろす手

夏が終わるころには
振り合う指がそっと触れて
鈴鳴らす旋律は
頬に掠める色鮮やかに

夜の空に光って
幾度とざわめく音遊び
微かに揺らす葉先
眩い色に染まり溶けた言の葉

季節の終わりに遠く離れ
ほのかに揺らぐ音 もう届かない

夏が終わるころには
触れ合う指もそっと消えて
頬杖つく笑顔は
風に揺らいだ双樹の調べ

夜の空に光って
黒を塗りつぶす眩さが
音を置き忘れたまま
散っていくのは夢のようだと

ゆらゆら揺れて回る
空蝉の夢の跡
ゆらゆら揺れて消える
祝いの音遊び

ゆらゆら揺れて回る
空蝉の夢の跡
ゆらゆら揺れて消える
思い出の儚さ

コメント

  • 追加乙! -- 名無しさん (2013-09-23 11:19:32)
名前:
コメント: