祝福の歌

しゅくふくのうた【登録タグ: KITさん 初音ミク

作詞:KITさん
作曲:KITさん
唄:初音ミク

曲紹介

5周年記念ということで超久しぶりの歌モノでございますw
歌詞やメロディに過去の楽曲ネタをふんだんに盛り込んでみました!!
…決して新しい歌詞が思いつかなかったからという訳ddfつybhg
  • (歌詞が4周年向けの気がするのは………)

歌詞

(動画より転載)

ちっぽけな命が生まれてきた時には 知りもしない
二人が出会って 運命のメカニズム 重なり合う

何も見えなくて手探りで歩きだす そんな日々は
記憶の奥底にしまい込んで進もう 一緒にね

始まりは少しだけドキドキするの だけど次の瞬間
二人の音が溢れ出す

初めて出会った一年目 心を通わせた二年目
すこしケンカもしちゃった三年目
そして仲直りをした二人が 再び手をつないだ四年目
五年目から先の 新しいステージが 今始まる


満員電車であなたが聞いてくれた mp3(メッセージ)や
ノートの隅っこに描いた未来が ほら 輝き出す

時代遅れとかアリフレタ言葉でも いつかきっと
背中の翼を大きく広げたら 羽ばたける

叶いそうもない夢や 人に言えないような妄想でさえ
笑い合える希望になる

夏の終わりに私が生まれて 秋風の中 二人歩き出し
雪が舞い降りる冬を乗り越えて
そして春色の空 仰いだら 再びあの夏がやってくる
五年目の私は 少しは大人になれたかしら


見上げれば遠く遠く続く まだ白い五線譜の道を
手と手つないでゆっくり歩いてく

初めて二人で奏でた音は 未来に流れる歌になって
私たちを包む 祝福の風を運び込むよ

コメント

  • 追加おつ! -- 名無しさん (2013-09-23 22:21:58)
名前:
コメント: