Bring Back Summer


作詞:sizimi
作曲:sizimi
編曲:sizimi
唄:初音ミク

曲紹介

「―― あの夏を思い出す ――」
  • sizimi氏 の4作目。
  • 大分過ごしやすい季節になって来ましたね。ノスタルジックな夏の終わり。そんなイメージの楽曲です。(作者コメ転載)
  • PVを 紺色。氏 が、エンジニアリング関係を setsat氏 が手掛ける。ベースは Ryu氏 が演奏。
  • KARENTレーベルよりダウンロード販売が行われている。「Summer Song」特集で配信された作品の1つ。

音楽配信


前作 今作 次作
アシンメトリーカラーズ Bring back summer -

流通:配信
発売:2015年7月15日
価格:¥150
レーベル:KARENT
ジャケットイラスト:紺色。

iTunes Storeで購入

曲目

  1. Bring Back Summer (feat. 初音ミク)


歌詞

始まりの歌聞こえた朝に僕が握った小さな手のひら
夏の雲が弧を描いた空の下で
波打ち際の風に吹かれて 海の青さが心揺らした
君の笑顔 騒ぐ鼓動 抑えられず急降下した

微か残る香りも線香花火の様に消えてく
声にならない言葉も 伝えられず終わって行くの

夏の匂いを残し消えた青い風がまだ心の中に吹いていても
「僕は忘れないよ僕は此処に居るよ」手を振る君の顔眩しすぎて
過ぎる季節の流れを感じながら君と過ごした日々を思い出す
夏が終わる前に君を迎えにいくよあの夏の空の下へ

空を仰げば光が射して 風鈴の音が宙に弾ける
風に靡く君の髪が頬を撫でる
セピア色したその憧憬に高鳴る胸が夏を急かした
波に揺れる音を聞いた青く澄んだ空の下で

伸びた二つの足跡 夕暮れは 静かに過ぎてく
押さえきれない感情振り向かずに終わって行くの

夏の匂いを残し消えた青い風に君と描いた未来映し出す
夢で見た景色も隠してた言葉も夏の飛沫の中消えてくけど
過ぎる季節の流れを感じながら君と望んだ日々を思い出す
夏が終わる頃に僕が恋い焦がれてたあの空の向こう側へ

移り変わる景色積もり積もった思い
伝えたい届けたい願っても
ずっと変わらないで頭で分かっていても
溢れる涙が…

夏の匂いを残し消えた青い風がまだ心の中に吹いていても
「僕は忘れないよ僕は此処に居るよ」手を振る君の顔眩しすぎて
過ぎる季節の流れを感じながら君と過ごした日々を思い出す
夏が終わる前に僕が恋い焦がれてたあの空の向こう側へ叫ぶよ

コメント

  • 追加乙! -- 名無しさん (2013-10-02 21:26:00)
  • 歌詞はよぅ -- 名無しさん (2013-10-03 19:11:21)
  • wktk -- 名無しさん (2013-10-04 21:22:46)
  • なんかグッとくる!好き -- 名無しさん (2013-10-05 08:43:15)
  • もっと評価されるべき!大好きだっ -- 名無しさん (2013-10-30 02:47:50)
  • ここまで好きになった曲は久しぶりです!もっと伸びてほしい -- 名無しさん (2013-11-15 02:54:18)
  • この歌、爽やかで大好きですね!!もっと伸びて欲しいなぁ。 -- 名無しさん (2013-11-24 00:27:01)
  • "声にならない言葉も" が "声にならなら言葉も" になってますよ -- 名無しさん (2014-01-14 13:57:58)
  • 爽やかで良い曲。なんで伸びないのか理解できない! 夏曲大好きです! -- ミクさんlove (2014-07-28 20:47:39)
  • なんだか泣きたいような懐かしいような、そんな気分になる。 -- 名無しさん (2015-06-02 22:23:53)
名前:
コメント: