コトバ・スティーラー

ことば・すてぃーらー【登録タグ: GUMI すこっち リクルートP

作詞:リクルートP
作曲:リクルートP
編曲:リクルートP
唄:GUMI

曲紹介

『コトバの価値を失った、ヒトの価値は』
  • リクルートP の8作目。
  • 前作から約2年ぶりとなる新作。
  • イラストを 空倉シキジ氏 が、動画を すこっち氏 が手掛ける。

歌詞

この痛みはたいしたもんだ 呟いては押し付けてんだ
傷口にそっと手を当てると そこではなにかが微笑みかけんだ
私のコトバはどこへ行った あれのそれもどれもこれも
吐き出すことができないなら 飲み込めというのですか

コトバをよこせよもっと そうもっと
無価値なままのそのコトバを
妄想的現実に染まりたい もうずっと
押し殺したコトバが今 誰かのコトバになっていくんだよ

ディスりディスられ愛横取って 誰かの未来描き替えちゃって
Q 「こんなもんかい?」 A 「そんなもんだって」 作り笑顔決め込まれたって
あなたのそのナイフいいな綺麗だ 少しだけ貸してくれませんか
罪に汚れたそのコトバを私にくれませんか
夕暮れ時 人ごみ避けて 仮面つけて君を探すと
そこに観えた景色に私吐き気が止まらないの

コトバをよこせよもっと そうもっと
単純で曖昧なそのコトバを
間接的真実にダウト宣言しちゃえば
このゲームを上がった気で 見下ろしてるソイツラになるんだ

夢だって語れますよ 愛だって囁けますよ
明日だって示せますよ 人だって殺せますよ

コトバをよこせよもっと そうもっと
無価値なままのそのコトバを
妄想的現実に染まりたい もうずっと
押し殺したコトバが今 誰かのコトバになっていくんだよ

コメント

名前:
コメント: