街角スクエア

まちかどすくえあ【登録タグ: Blank Note 初音ミク

作詞:Blank Note
作曲:Blank Note
編曲:Blank Note
唄:初音ミク

曲紹介

出会いと別れが紡ぐ物語のうた。
  • 音楽サークル Blank Note の2作目。
  • 廻旋シーズンズ』と同じサヨナラを描いた曲。出会わなければこんなに辛い思いもせずに済んだはずなのに、それでも思える「出会えて良かった」な曲。(作者コメ転載)

歌詞

長い時間が過ぎていった
変わること無く過ぎていった
そんな退屈当たり前で
疑うことさえしなくて

強い風が全てを変えてく
そんなモノは要らないのに
音を立てて変わり始めてく
そんなモノは要らないのに

歴史の片隅で知られず生まれて
独りで生きていたのに
世界の片隅に生まれた心は
往先も知らずに

短い時間を過ごすだけで
変わることにも慣れていった
あんな退屈もう沢山
過去に別れ告げた

強い風が何処かへ吹いてく
また新しい場所を求め
解ってるのに抑えきれなくて
ただ願うは「傍に居たい」

世界の片隅で知られる事で
独りの寂しさ感じ
「置いて行かないで」と気づけば零れた
ヒラリと落ちた涙

あの日あの時出会わなければ
何も変わらず居たのだろう
都会の片隅に吹き込んだ風は
ひとつの物語を回す

世界の片隅で知られる事で
独りの寂しさ感じ
「置いて行かないで」と気づけば零れた
ヒラリと落ちた涙
歴史の片隅で知られず生まれて
世界の片隅に生まれた心は
ここから歩き出す

コメント

名前:
コメント: