anica


作詞:ちんまりP
作曲:ちんまりP
編曲:しま
唄:初音ミクV3

曲紹介

『無責任な雨を嫌った』
  • ちんまりP の11作目。
  • 捨てる=嫌いになる ではないと思いますが、捨てられる側にとっては全部同じです。(作者コメ転載)
  • イラストを 金子開発氏 が、動画・MIX・マスタリングを なぎ氏 が、編曲を しま氏 が手掛ける。

歌詞

雨に浸かった世界 
ガラクタは何度も
ツギハギの体で
温もりを探している

欠けたままの愛情
偽りの心は
嘘だらけの言葉を
大事に飲み込んで

お別れも言えないままで
暗い空の下で目を閉じた
一人では歩けないんだ
汚れていく

遊んでくれたこと
愛してくれたこと
全てがまるで嘘のように
過去に沈んでしまった

愛していたこと
愛されていたこと
時間はまるで嘘のように
心を育ててしまった

少しずつ雨に慣れていく瞳
通りゆく人の群れ
私には気づかないのかな

溺れたままの最後
手が離れた記憶は
心の中に強く
君を描き続けた

「ねぇ、幼い私は
あなたの痛み、私の痛み
同じだなんて思っていたんだ。
朝が来る度に増えたのは
空っぽな日々なのに。」

思い出せないこと

コメント

  • 追加乙! -- 名無しさん (2013-10-20 22:57:47)
  • 最近、毎日のように聴いてます!anica大好き -- 名無しさん (2013-10-22 14:01:10)
  • 神曲すぎ。もっと伸びてー! -- 名無しさん (2017-02-19 14:24:23)
名前:
コメント: