コル・ココル

こる・ここる【登録タグ: Deme 初音ミク

作詞:Deme
作曲:Deme
編曲:Deme
唄:初音ミク

曲紹介

心と日常の関係性。
  • Deme氏 の4作目。

歌詞

履き捨てる。
人間を縛るこの理性の足枷(あしかせ)を解く。
ただ僕だけは思うが儘(まま)に
生きていたいなぁ。

叶わないか。

たたたた

時代の中
疲れた僕は泳いでいたんだ。
『伝える』事さえも
僕は上手く覚えられなかった。

とある夜にあくび。
満月に向かって
エスカレーター駆け上る。
そういう僕は満たされてる。
この心まで押さえつけずに
『僕は能動的に動くことが出来るのだから。』

人間を掴むのは決まって冷静なさ、
『日常』で。
まぁ、『日常』だけは
経常的に在っているんだなぁ。

居るんだ。揺蕩(たゆた)うんだ。

脱ぎ捨てる。
僕を掴むこの遺制の感覚を放つ。
ただ世界中の人間を猜(そね)む僕は
あゝ行為論。

叶わないか。

コメント

  • 追加おつ! -- 名無しさん (2013-11-28 00:16:39)
  • すきです。4年という月日を越えていい曲に出会えました。 -- 名無しさん (2017-02-02 19:39:14)
名前:
コメント: