僕の周りに溢れている世界。

ぼくのまわりにあふれているせかい【登録タグ: 蒼姫ラピス 魔法少女になれなかったP

作詞:魔法少女になれなかったP
作曲:魔法少女になれなかったP
編曲:魔法少女になれなかったP
唄:蒼姫ラピス、人(魔法少女になれなかったP)

曲紹介

  • 蒼姫ラピスと作者自身が一緒に歌っている作品。
  • 虚像の私は孤独に進む。魔法少女はいつの間にかなっているものなんだ。(作者コメ転載)
  • この曲は今月の作品群「僕の周りに溢れている世界。」の5曲目です。コレにて、今月の作品群は一応終了でございます。(作者コメ転載)
  • 絵は、枝豆葛氏が手がける。

歌詞

(作者Twitterで配っていたテキストより転載)

僕のこの姿を見て君は逃げ出すでしょう
虚像のこの姿を信じ続ける
僕の周りに溢れていた世界はいつの間にか消え去って
輝いていた皆が劈き暴れている。なんでなの?

 この世界の真理と踊りましょう
 嘘だらけの君を強く抱きしめる
 陰謀論並べ立て苦しむ君は
 性悪説を唱える人間

 僕は死んで君は嘘、幻

 符号化した世界なら、きっと信じれる?
 騙された傷だけなら、君は癒せる?
 人の道を外れたら、僕を殺すかい?
 その手にある言葉で、さあ殺して。

君が言った言葉ならすべてすべて
このノートに書き留めていたんだ
並んだ愛を表す言葉「言の葉」
流し読み辛くなる今は
どこに贈ろう

 この世界は虚構だ。硬く脆い。
 いつか折れてしまう。逃げ出す準備を。
 理想論を唱えても無意味なことだ。
 地面をはう虫の声。届かない。

 君は死んで僕は嘘、まやかし

 嘘だらけの世界でも、僕は君が好き
 君が嫌う僕だけれど、君を愛せる
 縛り付ける縄を、切り裂いて動き出す
 君を奪うそのためなら、さぁ、殺しましょう。

僕のこと忘れていますね。
あなたを愛していた僕のことなんて
たまには思い出して欲しいです。
あなたを愛していた僕の言葉を

だから僕は

 符号化した世界なら、きっと信じれる?
 騙された傷だけなら、君は癒せる?
 人の道を外れたら、君は殺すかい?
 その手にあるコトノハで、さあ殺して。

君と僕の愛の言葉は
夢と現実にあふれていく
僕の周りは愛で溢れてた
僕の周りの世界は
もう何もない。


コメント

  • 追加おつ! -- 名無しさん (2013-12-03 21:10:05)
名前:
コメント: